秋バテを放っておくと危ない!どんな感じになれば自覚症状と思えば良い? | トレンドワーク.com

秋バテを放っておくと危ない!どんな感じになれば自覚症状と思えば良い?


秋バテを放っておくと危ない サム

最近では、本当に「秋バテ」という言葉も
クローズアップされるようになってきました
よね。

だから、夏バテと同様に秋バテを警戒して
いる人たちも相当多いと言います。

SponsordLink



そんな秋バテって、仮に放っておいた場合
身体に危険が及ぶのでしょうか。

他にも、どんな感じになれば自覚症状と
思えば良いのでしょう?


「秋バテ」をしっかり理解することが大事!


しかしそうはいうものの、まだまだ「秋バテ」という言葉
は新しい言葉であり、何となく知っているという人たちが
多いのではないでしょうか。


まず秋バテというのは、どのような症状なのか正しく
理解することからはじめましょう。


暑い夏に、多くの人たちが夏バテの症状に陥ることに
なります。


ですが秋にも、

「だるい」

「食欲不振」

「胃腸の調子が悪い」


などと言った症状が起こることがあります。


秋バテを放っておくと危ない1


夏バテは暑いため体調不良を起こす訳で、涼しくなると
その症状は治まると考えて良いでしょう。


しかし、今度は涼しくなったというのに体調不良になり、
まさにそれを秋バテと言います


夏バテを乗り切れた人たちが、何で秋バテの症状になり
苦しんでいるのでしょうか。





SponsordLink







秋バテの症状は、

「だるい」

「疲れやすい」

「食欲不振」

「胃がもたれる」

「胃腸の調子が良くない」

「立ちくらみ」


また頭痛めまいが起こったり、睡眠不足だったり、
目の疲れ肩こりストレスを溜め込んでしまうこと
になります。


「秋バテ」の原因は……


秋バテの原因は、水分不足が原因と指摘する人もいます。


暑い夏には汗をかくため、意識して水分を補給していた
のですが、暑い夏が過ぎてしまうとホッと一息ついて
水分補給の意識が薄れてしまうことも多いと言います。


秋バテを放っておくと危ない2


9月は日中など、まだまだ暑い時期なので夏のような
つもりで、しっかり水分補給の意識を持たなければなら
ないのです。


現代社会において、温暖化も深刻な問題として受け止め
る必要があり、今後このような秋の夏化傾向はどんどん
進んでしまうことになるでしょう。


夏バテを意識するように、秋バテにも意識を持ち続ける
必要があります。


自律神経の乱れが起こる


秋といえども、まだまだ暑いからと言って冷たい飲み物
や、エアコンの効いた涼しい部屋で過ごそうとするもの
です。


そのような生活が長期に渡って続けば、自律神経の
乱れ
血の巡りが悪くなってしまうことになります。





SponsordLink







胃のもたれ・消化不良・食欲不振などの症状も、内蔵が
冷えてしまうから起こることです



「秋バテ」に効果的な解消法!?


夏バテを意識するまま、秋バテもしっかり意識して解消
方向へと向かいたいものです。


夏バテで食欲不振になり、ダメージを受けているところ。。。


秋バテにならないためにも、食事についてしっかり意識
していただき、ビタミンB群など積極的に摂取するように
しましょう。


例えば「ビタミンB1」は、自律神経を整える作用を期待
する事ができ、豚肉や大豆製品(豆乳、納豆など)など
に多く含まれています。


秋バテを放っておくと危ない4


夏のシーズンに、「暴飲暴食」をしていたという人たち
は、ちょっと反省して体を冷やすものを避けて温かい
ものをできるだけ取るようにしましょう。










  • Yahoo!ブックマークに登録する
  • はてなブックマークに登録する
  • livedoorクリップに登録する
  • newsingブックマークに登録する
  • del.icio.usブックマークに登録する
  • ニフティクリップに登録する
  • RSSを購読する

この記事へのコメント

トレンドワーク.com TOP » 健康・病気, 季節 » 秋バテを放っておくと危ない!どんな感じになれば自覚症状と思えば良い?