国家公務員の給料!各年代の平均月収はいくらくらい?昇給額は?職種によっても違う? | トレンドワーク.com

国家公務員の給料!各年代の平均月収はいくらくらい?昇給額は?職種によっても違う?


国家公務員の給料 サム

「国家公務員になれば安泰!」

と思っている人たちは多いでしょうね。

しかし実際は、本当にそうなのでしょうか。

SponsordLink



国家公務員と言っても職種は様々です。

でも一般企業と比べ、各年代の平均月収
昇給額

今回は、そういった気になるところを調べて
みました。


国家公務員の月収


国家公務員の月収は、俸給(基本給)と諸手当によって
決定されるものです。

(ただし国家公務員の手当のうち「超過勤務手当」の
金額 については公開されていません。)



平成27(2015)年度における国家公務員全体(全俸給表)
の給与内訳(俸給と各種手当)ですが、

俸給:344,410円

扶養手当:11,670円

俸給の特別調整額:11,521円

地域手当等:37,425円

住居手当:4,692円

その他:6,737円



平均給与月額:416,455円となっています。


国家公務員の給料1


また、平均年齢が43.3歳並びに、平均経験年数は21.8年
です。


ちなみに国家公務員の内、一般行政職員に当たる
「行政職俸給表(一)」の俸給表の平均給与月額は
408,996円


平均年齢43.5歳、平均経験年数21.9年となります。


国家公務員の給料は高い?


実際のところ、国家公務員の給料は高いのでしょうか。


国家公務員の給料と言えども、民間の給与水準をもとに
決められているので、不況が続けば引き下げられ景気が
回復すれば引き上げとなる傾向はあります。





SponsordLink







実際には、2014年度には民間の給与がアップしたことに
よって、国家公務員の給与も引き上げが実施されたという
ことです。


もちろん、今後その逆のパターンも起こり得ます。


給与の引き上げが行われると、ボーナスの上積に繋げる
ことができます。


私達が思っている以上の給与をもらっている?


このように考えると、かなり飛び抜けた給与をもらって
いると思われている国家公務員ですが・・・


ですが、私達が思っている以上の給与をもらっていると
いうことではないようです。


しかし、ここで抑えておかなければならないのは役職が
上がったり、勤続年数が長くなって50歳を超えてくると
民間に勤務する会社員よりも高額な年収を得ることが
できる
ということです。





SponsordLink







それでも20代~30代の若いうちは、民間の人たちよりも
全然安い給与で頑張っている人たちも大勢いるようです。


指定職俸給表では、

平均俸給額:870,625円

平均給与月額:1,026,041円

平均年齢:56.4歳

平均経験年数:32.9年


となり、国家公務員の職種の中でトップです。


指定職とは、一般職の国家公務員・地方公務員のうち
指定職俸給表が適用される職員及び、その役職に対
して指定階級職にある者のことです。


国家公務員の給料3


国家公務員の場合、他の俸給表が「級」と「号俸」により
構成されているのに対して、指定職俸給表のみ号俸だけ
でランク付け
がなされています。


おおかた、民間企業における役員報酬に相当します。


行政職俸給表(二)では、

平均俸給額:289,141円

平均給与月額:328,318円

平均年齢:50.2歳

平均経験年数:29.9年


最低ランクです。


電話交換手の職務しゅんせつ船等の作業船の乗組員
の職務、一般技能職員(物の製作もしくは修理、機器の
運転若しくは操作に従事する職員)の職務
という人たち
が、1級の行政職俸給表(二)の各級の職務内容です。










  • Yahoo!ブックマークに登録する
  • はてなブックマークに登録する
  • livedoorクリップに登録する
  • newsingブックマークに登録する
  • del.icio.usブックマークに登録する
  • ニフティクリップに登録する
  • RSSを購読する

この記事へのコメント

トレンドワーク.com TOP » 就職・収入(初任給、ボーナス他) » 国家公務員の給料!各年代の平均月収はいくらくらい?昇給額は?職種によっても違う?