お中元の時期っていつからいつまで?お礼状の書き方などのマナーは? | トレンドワーク.com

お中元の時期っていつからいつまで?お礼状の書き方などのマナーは?


お中元の時期っていつからいつまで サム

みなさんは、『お中元』に対して何の違和感も
なく現在接しているのかもしれませんが・・・

そもそも、お中元ってなんなのでしょう。

SponsordLink



ズバリお中元というのは、7月15日の事なのです。

また、1月15日『上元』10月15日『下元』

それを昔の人たちは、年中行事の一つとして捉え
ていたようですね。

今回は、お中元の意味も含め時期お礼状の
マナー
などについて、ご紹介したいと思います。


お中元の意味を知る


『お中元』とは、そもそも中国から伝わった習わしです。


7月15日の中元の日は、「贖罪(とくざい・しょくざい)」と言い、
今まで犯した罪を償う日とされています。


大昔はその日一日、庭で焚き火をしていたようです。


推古天皇十四年(606年)の頃も、7月13日~16日にかけて
宮中で初めてお盆の行事が行われていたようです。


ですが、地方によっては1ヶ月遅れの8月というケースもあり
ます。


お中元の行事は、いつの間にかお盆の行事と平行して行わ
れるようになったのです。


お中元の時期っていつからいつまで1


お盆の行事が死者を迎えその魂を供養するものに対して、
お中元の行事は今生きている事を喜ぶという方向性にあり
ます。


お中元とはお盆に対峙し、生きる人たちのための行事という
意味を持つようになってきました。


江戸時代以降お中元の持つ意味の変化


江戸時代以降、更にお中元の持つ意味に多少の変化が
生まれることになります。


それまでは中元の日の一日だけだった訳ですが、お互い
の無事を喜ぶという意味合いでもって、交際範囲が広い
人たちは段々と一日では対応できなくなってきます。


かと言って、やっぱりお中元の意味は大きく無視すること
もできないため、中元の日の前後に贈り物をしたり手土産
を持って挨拶に行くことが習慣化
されることになります。





SponsordLink







明治維新の後、使者を使って贈り物を届けて礼をつくすと
いう形式に習い、期間も7月の上旬頃からと延長されていく
ことになります。


そして、いつの間にかお中元は品物それ自体のことをさす
ようになったのです。


現代社会においてお中元の意味は、日頃御無沙汰している
人たちにお中元を贈り、お互いの無事を確認しあうということ
です。


お中元の時期っていつからいつまで2


その意味の中には、日頃のご無沙汰を反省するという意味
も含まれているのかもしれないですよね。


多少なりとも日頃の無礼「罪」を償うという意味が、ここに
依然込められているのかもしれません。


お中元 お礼状の書き方


お中元を頂いたのなら、お礼も礼儀としてしっかりしたい
ものです。


お礼状は出来る限り、早く出すようにしましょう。





SponsordLink







基本は「手書き・縦書きの手紙(封書)」なのですが。。。


ハガキでも横書きでも、問題がそれ程ある訳ではありません。


大事なのは、すぐにお礼の気持ちを伝えることです。


お中元をもらったことではなく、心づかいに対して感謝の
気持を伝える
ことができればいいですよね。


お中元の時期っていつからいつまで3


最後に。

あくまでも一例として参考にしてください。

~~~暑中お見舞申し上げます。
 
毎日暑い日が続いておりますが、お変わりなくお過ごし
でしょうか。

このたびはご丁寧なお心づかいを頂きまして、本当に
ありがとうございました。

珍しいアイスクリームの詰め合わせセットですね。

子供たちも、本物の果実の味がすると大喜びでした。

奥様にもくれぐれもよろしくお伝えください。

まだまだしばらくは厳しい暑さが続くと思われますが、
体調にはくれぐれもお気をつけ下さいませ。

お礼まで。~~~










  • Yahoo!ブックマークに登録する
  • はてなブックマークに登録する
  • livedoorクリップに登録する
  • newsingブックマークに登録する
  • del.icio.usブックマークに登録する
  • ニフティクリップに登録する
  • RSSを購読する

この記事へのコメント

トレンドワーク.com TOP » マナー・ハウツー » お中元の時期っていつからいつまで?お礼状の書き方などのマナーは?