夏場に足の冷やしすぎは要注意!こんな症状が出たらすぐにやるべき対処法は? | トレンドワーク.com

夏場に足の冷やしすぎは要注意!こんな症状が出たらすぐにやるべき対処法は?


夏場に足の冷やしすぎは要注意 サム

暑い夏だからと言って、足を冷やし過ぎては
いませんか。

ましてや、エアコンなど寒いくらい効かせたり、
直接風を足元にあてたり。

SponsordLink



いくら暑くても、こんなことをしていたら身体に悪い
影響が及ぶかもしれません。

今回は、冷やし過ぎたときに出る症状

そして、症状が出たときの対処法についてご紹介
したいと思います。


足の冷えで考えられるトラブル!?



夏場だから、しっかりと自律神経を整えるということも非常
に大事です。


自律神経は集中とリラックスを司る神経なので、血流や
体調の維持に貢献してくれています。


自律神経の乱れが起こることで、夜眠りに付いても中々
浅い眠りにしかつくことができなかったり、イライラする
ようになったり。。。


夏場に足の冷やしすぎは要注意1


他にも感情がコントロールできない症状などが起こり、

「頭痛」

「胃腸のトラブル」

「身体がだるい」

「体調不良」

「生理不順」


など子宮関係のトラブルが起こったりします。


夏になれば、

「いつも何だかだるい・・・」

という人たちは自律神経の乱れによって、体調不良を起こ
しているのかもしれません。


更に、風邪をひきやすくなってしまうようです。


風邪やインフルエンザって冬っていうイメージもありますが、
夏でも足が冷えることで風邪をひきやすい環境を作り出す
ことになります。


免疫力がどんどん低下していくことで、普段なら何とか跳ね
除けるものでも簡単に感染してしまうことになります。


夏でも油断大敵!足を冷やしすぎてしまう原因を追求!!


夏は気温が高いから、冷えなんて無関係と思っている人
たちは当然多くいることでしょう。


特に女性の人たちは、男性よりも筋肉の量が少なく脂肪
が多い体質をしているから、男性より体温を維持すること
が難しく冷えにとても弱い
と言われています。





SponsordLink







脂肪は体の熱を閉じ込めておくことをしてくれている訳です
が、脂肪自体には熱を生む力は存在しません


一度足が冷えてしまうことで、逆に保冷材のような役割を
持ち冷やし続けてしまうのです。


エアコンの温度設定が低すぎる!


あなた自身、気分が良いと思っても身体はそろそろ

「寒い・・・」

と叫んでいる頃かもしれません。


女性の人たちは特に、自宅や職場のエアコンの温度設定
を男性の意見に従うなんてナンセンスです。


夏場に足の冷やしすぎは要注意3


女性の人たちは、何としてもエアコンの温度設定の主導権
を男性からもぎ取る必要があるのです。


女性と男性では体内で作られる熱量が違うため、体感温度
5℃前後の違いがある
ということを、男性の人たちもどうか
理解していただきたいですね。





SponsordLink







冷たい飲み物や生野菜ばかり頼る生活はNG!


夏だから、やはり冷たい飲み物や生野菜ばかりに頼る生活
を送る人たちって非常に多くいます。


アイスや冷たいジュースに頼りたい気持ちも非常に理解は
できますが・・・


そのようなものが、ただお腹を冷やすというだけでなく心臓
から送り出される血液まで冷えてしまい、血液の流れを悪く
してしまうことになります。


また生野菜は、体の熱を取り除く働きを持っています


夏場に足の冷やしすぎは要注意4


ダイエットで成功するため生野菜という意識ばかり持ち続け
ていると、身体全体を冷やすことになります。


そこで女性の人たちは、締め付けられない服や下着を選ぶ
などの工夫をしてみましょう。


体を締め付けるようなキツい服によって、血流は妨げられ
てはいないでしょうか。


飲み物は常温の水がベストです


砂糖とカフェインが含まれた飲み物は、できるだけ避けた
方が良いです。


砂糖は血糖値を急激に上下させて体温を下げやすくし、
カフェインには血管収縮作用があります。


更に夜はシャワーだけで済ませず、お風呂で温まるなどの
工夫をしてみましょう。










  • Yahoo!ブックマークに登録する
  • はてなブックマークに登録する
  • livedoorクリップに登録する
  • newsingブックマークに登録する
  • del.icio.usブックマークに登録する
  • ニフティクリップに登録する
  • RSSを購読する

この記事へのコメント

トレンドワーク.com TOP » 健康・病気, 季節 » 夏場に足の冷やしすぎは要注意!こんな症状が出たらすぐにやるべき対処法は?