気付かないうちに夏バテ。どんな症状が多い?食事など効果的な対処法は? | トレンドワーク.com

気付かないうちに夏バテ。どんな症状が多い?食事など効果的な対処法は?


気付かないうちに夏バテ サム

みなさんは、色んなシーンで「夏バテ」
いう言葉を使うことがあると思います。

ですが、夏バテとは具体的にどのような
ことを言うのか理解していますか。

そもそも人間の身体は、暑くなればその
熱さに対応し体温を調節できるものなの
ですが・・・

SponsordLink



しかし、気付かないうちに体調を崩すこと
が多いのも事実です。

そんな夏バテの症状に多いのは?

また、食事など効果的な対処法について
ご紹介します。


体温調節機能が働かなくなり自律神経調節機能が低下する


「夏バテ」の直接的原因として考えることができるのは、
体温調節機能が働かなくなり、自律神経調節機能が
低下
することなのです。


夏には暑い屋外にいる時間が長い人や、逆にエアコン
でよく冷えた部屋にじっとしている人もいます。


室内と外気温の温度差の大きさによって、体温調節機能
がうまくいかなくなってしまうことが考えられます。


気付かないうちに夏バテ1


そして、体温調節機能をうまくコントロールできなくなって
しまうから、自律神経の調節機能が低下してしまうことに
なり、内蔵の機能も低下させてしまうのです。


食欲も落ち、 身体が求めている栄養をしっかり補給する
ことができなくなってしまい、結果どんどん身体には疲労
が蓄積
されていくことになります。


それが「夏バテ」なのです。


夏バテの症状とは、疲れやすかったり食欲がなかったり
睡眠不足だったりすることです。


夏バテを解消する方法


夏にエアコンをガンガンに効かしてしまう生活スタイルこそ
が、夏バテになってしまう原因を作ることになります。


日々の生活において、室内と外気温の温度差を少なくする
姿勢を持つことこそが、夏バテ対策に有効的な方法です。


そして、しっかり睡眠を取ることで夏バテになるリスクを
回避できます。





SponsordLink







それと、夏バテには水分補給も大事です。


汗でより失われてしまうものを、水分・ミネラルで補給する
ようにしてください。


夏バテにグッドな食事とは?


さらに夏バテには、バランスの良い食事を摂取する必要
があります。


夏はあまり食欲もなくて、そうめんや冷や麦など炭水化物
にかたよった食事になりがちですよね。


そのような食事ばかり取ることによって、栄養のバランス
が崩れてしまうことになります。


「タンパク質」・「ビタミン」・「ミネラル」は特に不足しがち
なので、そのようなものを意識して摂取するようにしま
しょう。





SponsordLink







タンパク質を摂るために肉、魚、大豆製品などを意識して、
少なくともこの中の一種を摂取する意識を持つようにして
くださいね。


ビタミンやミネラルを含む野菜や果物も、積極的に摂取
する必要があります。


食欲増進には、香味野菜やスパイスの活用もありでは
ないでしょうか。


にんにく、ニラ、ねぎ、玉ねぎに含まれているアリシンは、
ビタミンB1を吸収しやすくするほか、ビタミンB1の効果を
持続する働きがあります。


気付かないうちに夏バテ3


レモン・グレープフルーツなどのクエン酸には、疲労物質
である乳酸を分解し体の外に排出する働きがあります。


豚レバー、あじ、さばなどに含まれているナイアシンには、
ビタミンB1と同様に疲労回復効果が期待できます。










  • Yahoo!ブックマークに登録する
  • はてなブックマークに登録する
  • livedoorクリップに登録する
  • newsingブックマークに登録する
  • del.icio.usブックマークに登録する
  • ニフティクリップに登録する
  • RSSを購読する

この記事へのコメント

トレンドワーク.com TOP » 健康・病気, 季節 » 気付かないうちに夏バテ。どんな症状が多い?食事など効果的な対処法は?