夏場に冷たいものを食べ過ぎると起こる病気!?その症状や悪化するとどうなる? | トレンドワーク.com

夏場に冷たいものを食べ過ぎると起こる病気!?その症状や悪化するとどうなる?


夏場に冷たいものを食べ過ぎると起こる病気 サム

暑い夏だからこそ、冷たいものを食べたい
思うのは当たり前のことです。

しかし、暑いからと言って冷たいものばかりを
取る生活をしていれば、すぐに身体を壊して
しまうかもしれません。

SponsordLink



仮に、冷たいものばかり食べて起こる病気って
何なんでしょう。

また症状や、悪化するとどうなるのでしょうか?


アイスやかき氷など、冷たいものが恋しい季節


夏と言えば、アイスやかき氷などの冷たいものが恋しい
季節です。


夏が来たのに、アイスやかき氷などを食べるなと言われ
れば、夏の魅力も間違いなく半減してしまうでしょう。


夏場に冷たいものを食べ過ぎると起こる病気1


しかし、そのようなものを次々と食べれば腹痛吐き気
下痢嘔吐などの症状に襲われるかもということはある
程度納得できることではないでしょうか。


それに夏は夏バテになりやすいですし、そのような人たち
『急性胃腸炎』を起こすリスクが高いとも言われていま
すので、呉々も注意をしましょう。


夏場の急な腹痛・吐き気・嘔吐


夏場の急な、

「腹痛」

「吐き気」

「嘔吐」


などは『急性胃腸炎』の可能性があります。





SponsordLink







夏の暑いときに大量の汗をかいたからといい気になって、
冷たい飲み物をガブ飲みしていることはないでしょうか。


急激に、そのようなモードを身体の中に取り込んでしまう
ことで胃腸の血流を悪くしてしまうことになり、機能が停止
してしまうことで急性胃腸炎のリスクを高めてしまいます。


急性胃腸炎とは、胃や腸に突発的な炎症が起こる病気
なのです。


炎症が起こり激しい嘔吐や下痢、発熱、食欲不振などの
症状が起こることになります。


夏場に冷たいものを食べ過ぎると起こる病気2


それは、食中毒やノロウイルスなどのウイルス感染という
イメージもあるかもしれませんが、夏バテも急性胃腸炎の
原因
と考えてください。


夏場はそもそも胃腸が弱っている!?


とにかく皆さんも、夏場に注意しなければならないことが
あります。


夏というシーズンは、暑さや発汗で身体が疲労している
季節
なのです。


疲れているから胃腸も弱ってしまうことになります。


胃腸が弱っているのに突然冷たいものを身体の中に入れ
てしまえば、胃腸炎になることも決して不自然な事ではあり
ませんよね。


熱中症にならないために最近では、水分をしっかり補給
しましょうと言いますが。。。


大量の水分補給が胃液を突然薄めてしまい、機能の低下
を導くことになります



胃にたくさんの食べ物や、更に飲み物を詰め込んでしまえ
ば胃も腸も荒れに荒れてしまって、胃腸炎になってしまう
のですね……。





SponsordLink







胃が弱っているあなたは、ただ冷たいものを避ければ良い
ということだけでなく、食べる量や飲む量にも注意する必要
があります。


更に注意をしなければならないのは、夏場は屋外と屋内の
温度差が激しいことです



それにより自律神経が乱れ、身体の免疫力が落ちてしまう
ことになります。


どのような対処法があるの……?


急性胃腸炎になれば、どのような対処法を見付けていけ
ば良いのでしょうか。


ズバリ、急性胃腸炎を治すためにはしばらく飲食を控えて
みましょう



まず大事なのは、急性胃腸炎には胃腸を休めることです。


胃腸の調子が落ち着いてきたら、消化の良いものを食べ
て様子を見ていきましょう。


その時しばらく冷たいものは避けて温かいものからはじ
めてゆっくり噛む姿勢が大事です











  • Yahoo!ブックマークに登録する
  • はてなブックマークに登録する
  • livedoorクリップに登録する
  • newsingブックマークに登録する
  • del.icio.usブックマークに登録する
  • ニフティクリップに登録する
  • RSSを購読する

この記事へのコメント

トレンドワーク.com TOP » 健康・病気, 季節 » 夏場に冷たいものを食べ過ぎると起こる病気!?その症状や悪化するとどうなる?