夏の時期に熱中症以外でなりやすい病気は?その症状や対処法はどうするの? | トレンドワーク.com

夏の時期に熱中症以外でなりやすい病気は?その症状や対処法はどうするの?


夏の時期に熱中症以外でなりやすい病気は サム

『熱中症』のことも心配ですが、そればかり
考えていると違う病気にかかってしまうかも
しれません。

もちろん、夏に心配しなければならない病気
は熱中症だけではありません。

最近では、寒いなと思えば突然暑くなったり
暑さの対策など、まだできてないという人たち
もいらっしゃるのではないでしょうか。

SponsordLink




病気とは、そのような人たちに容赦なく襲って
くることになります。

そこで、夏の熱中症以外でなりやすい病気。

また、その症状や対処法についてご紹介しますね。


夏こそしっかり健康管理をしなければならない!


夏を快適に過ごすためにも、健康管理が欠かせない
キーワードです。


もしかしたら、思いがけないトラブルに巻きこまれて
しまうかもしれません。


夏風邪などの対策についても、しっかり考えてみましょう。


そこでまず、『ヘルパンギーナ』は夏に流行する急性
「咽頭炎」のことです。


ヘルパンギーナに感染しやすいのは、圧倒的に乳幼児
であり子供さんの病気
と思われていますが。。。


夏の時期に熱中症以外でなりやすい病気は1


大人の人たちは、子供の病気だからといって油断でき
ません。


6月から初夏にかけて流行し、乳幼児に多く見られる
夏風邪の代表的なウイルス性の感染症


それが、この『ヘルパンギーナ』です。


「コクサッキーウイルスA群」が原因と言われており、
ウイルスの形はいくつもあるので何度もかかる人達
もいらっしゃるようです。


まれに大人だって症状が出る場合もありますので、
充分注意してください。


潜伏期間は3~6日

突然の発熱(1~3日程度続く)があります


また現状では、ヘルパンギーナに対する特効薬はなく、
「口内炎(口の中にできた潰瘍)」に対して鎮痛解熱薬
で痛みをやわらげたりします。


だから尚更、感染を拡大させないための対策しましょう。


ヘルパンギーナは、飛沫や手指を介し感染してしまう
ので、しっかり手洗いと手指消毒が大切です


子どもの三大夏風邪に注意


夏は子供さんを中心に、三大夏風邪に注意しなけれ
ばならないと言われています。





SponsordLink







三大夏風邪とは、

『ヘルパンギーナ』

『咽頭結膜熱(プール熱)』

『手足口病』


です。


手足口病とは?


『手足口病』とは、原因ウイルスは「エンテロウイルス」
と「コクサッキーウイルス」であり、患者のほとんどは
小児で5歳未満の小児が80%程度を占めます



夏の時期に熱中症以外でなりやすい病気は3


潜伏期間は3~6日あたりで、

「口の中」

「手のひら」

「足の裏や甲に水疱性の発疹や発熱」


更に爪がはがれることもあります。





SponsordLink







また、手足口病にも効果的な特効薬はないとも言われ
ています。


治療では口内炎に対して鎮痛薬で痛みを和らげたり、
粘膜保護剤の軟膏などが処方されることがあります。


咽頭結膜熱(プール熱)とは?


次に『咽頭結膜熱』は、「アデノウイルス」が原因となり、
プールの水を介し人間から人間へと拡大する可能性
が高く、「プール熱」とも呼ばれています。


潜伏期間は2~14日で、

「咽頭炎(のどの痛み)」

「結膜炎(目の充血)」

「39℃前後の発熱(数日~1週間あたり)」


があります。


夏の時期に熱中症以外でなりやすい病気は4


更に、頭痛や食欲不振が3~7日続くこともあります


アデノウイルスに対する特効薬は今のところないため、
のどの痛みに対しては「うがい」「鎮痛薬」を飲むよう
にします。


それと、刺激のあるものはできる限り避けていただき、
のどごしの良い冷たい飲みものなどを選択してください。










  • Yahoo!ブックマークに登録する
  • はてなブックマークに登録する
  • livedoorクリップに登録する
  • newsingブックマークに登録する
  • del.icio.usブックマークに登録する
  • ニフティクリップに登録する
  • RSSを購読する

この記事へのコメント

トレンドワーク.com TOP » 健康・病気, 季節 » 夏の時期に熱中症以外でなりやすい病気は?その症状や対処法はどうするの?