『仙台七夕まつり』の例年の開催日は? 見どころや魅力はコレ!アクセス・駐車場は? | トレンドワーク.com

『仙台七夕まつり』の例年の開催日は? 見どころや魅力はコレ!アクセス・駐車場は?


『仙台七夕まつり』の例年の開催日は サム

『仙台七夕まつり』って、とても有名ですよね。

一度は行ってみたいと思っている人たちが、
多くいらっしゃるのではないでしょうか。

SponsordLink




今回は、仙台七夕まつりのみどころや魅力

例年の開催日アクセス情報などご紹介します。


仙台七夕まつりの魅力を追求する


『仙台七夕まつり』は、期間中200万人が訪れる全国最大
規模の七夕まつり
です。


多く人たちが、一度は仙台七夕まつりに行ってみたいと
思っているようですね。


開催時期は、8月6日~8月8日8月5日は前夜祭)という
ので、それ程長い間しているお祭りということではありません。


余りにも有名なお祭りなので、もっと長期やっているのか
と思ってましたが……。


場所は、仙台駅前アーケード街を中心として行われており、
田舎祭りという感じではなくて都市型のお祭りなのですね。


『仙台七夕まつり』の例年の開催日は1


仙台七夕まつりに行かれる際は、

「仙台駅」

「あおば通駅」

「広瀬通駅」

「勾当台公園駅」


どこでもOKです。

仙台・仙台近郊にお住まいの方々にとって仙台七夕まつり
は、その地方に密着しているお祭りなのです。


毎年、200万人が仙台七夕まつりに訪れると言います。


アーケードの天井から吊るされる巨大な「吹流し」


仙台七夕まつりの特徴は、アーケードの天井から吊るされ
巨大な「吹流し」です。


『仙台七夕まつり』の例年の開催日は2


各団体ごとに、いろいろな工夫をして競争し合っているよう
です。


訪れた人たちは、それを見ながら歩くのが楽しみの一つ
なんだそうですね。





SponsordLink







仙台七夕まつりとは、もともと目的が飾り付けをした商店
街を楽しむためのもの
だったようです。



神輿や夜店が立ち並ぶ熱気のあるお祭りとは、少し意味
合いも違うようです。


だから、想像していたのとはイメージが違うと感じる人たち
も、かつて多くいらしたようです。


仙台七夕まつりのイベント


仙台七夕まつりは、豪華に飾りつけられた「商店街」がメイン
です。


ですが、もっと多くお客様に来て欲しいと思いから祭りが
盛り上がるため様々なイベントが行われています。


現在仙台七夕まつりでは、夜になればメインストリートの
定禅寺通りで、『星の宵まつり』としてパレードが行われます。


『仙台七夕まつり』の例年の開催日は3


七夕踊りなどが行われており、仙台の伝統芸能などを楽し
みながら祭りの雰囲気を充分に楽しむことができます。


また、夕涼みコンサートなども行われていたりします。


無料で行われているコンサートですが、

「えっ、こんなアーチストを無料で見て問題ないの……」

と思える人たちが参加するケースもあると言います。





SponsordLink







さすが仙台七夕まつりです。


儲けのことなど度外視しても、仙台七夕まつりに参加した
いというモチベーションを持っているのでしょう。


もちろん仙台七夕まつりでは、勾当台公園の出展スペース
に、お祭りらしく屋台も並んでいます。


そして、8月5日は前夜祭として西公園を中心に花火が打ち
上げられます



仙台七夕まつりは、お祭り用に用意された駐車場はありま
せんので、公共の交通機関の利用が勧められています。










  • Yahoo!ブックマークに登録する
  • はてなブックマークに登録する
  • livedoorクリップに登録する
  • newsingブックマークに登録する
  • del.icio.usブックマークに登録する
  • ニフティクリップに登録する
  • RSSを購読する

この記事へのコメント

トレンドワーク.com TOP » お祭り・花火大会 » 『仙台七夕まつり』の例年の開催日は? 見どころや魅力はコレ!アクセス・駐車場は?