三十三間堂ってどんな寺院?パワースポットとしてのご利益は?アクセス方法は? | トレンドワーク.com

三十三間堂ってどんな寺院?パワースポットとしてのご利益は?アクセス方法は?


三十三間堂ってどんな寺院 サム

修学旅行などで、『三十三間堂』へ行ったと
いう人たちも多いのではないでしょうか。

しかし、そんな頃に行っても価値など見出す
ことって難しいですよね。

だからこそ、今パワースポットとして有名な
『三十三間堂』を訪れていただきたいのです。

SponsordLink





偏頭痛の方々へ


病院へ行くほどではないけど、軽い頭痛により日々の
生活を不快に送っていらっしゃる人たちも多いのでは
ないでしょうか。


日本人の偏頭痛もちの方々は、実際に840万人いると
言われています。


そんな人たちに、大きなご利益をもたらしてくれる神社
が何処かと言えば、『三十三間堂』なんですね。


三十三間堂ってどんな寺院1


京都には、いろいろ行きたい場所があると思います。


そのついでと言うかんじで是非、『三十三間堂』まで足
を伸ばしてみましょう。


蓮華王院


『三十三間堂』の正式の名前・名称は、「蓮華王院」
言います。


平安時代後期の、「後白河上皇」が創建したと言われ
ており、本堂が『三十三間堂』と言われるのは南北方向
の壁面の柱間が33あることから、この名前がつけられ
ています。


南北方向は、なんと120メートルもあるんですね。


三十三間堂ってどんな寺院2


やっぱり『三十三間堂』には、かなりパワーを感じます!


新春の恒例行事である「通し矢」も注目されていますし、
お堂内の10段のひな壇にずらりと並ぶ、1,001体金色
に輝く等身大の「千手観音像」



まさに京都は、

「ビューティフル!」

「ワンダフル!」


ですね。


頭痛除御守の理由


そもそも『三十三間堂』が建立された理由は・・・


後白河上皇が、当時とても頭痛に悩まされていたという
ことなのです。





SponsordLink







そこで、頭痛平癒を願う意味のために『三十三間堂』が
建立されたとも言われています。


そして、建立されて頭痛は快癒に向かって行ったとも。。。



だから『三十三間堂』は、「頭痛除けの神社」と名が知ら
れ、本尊の千手観音は「頭痛封じの仏様」として多くの
人たちの信仰を集めるようになりました。


三十三間堂ってどんな寺院3


『三十三間堂』は、「頭痛平癒寺」と言われているのです。


楊枝のお加持


「楊枝のお加持」は、平安時代から毎年1月に行われる
法要です。


楊枝・やなぎは聖樹であり、それを使って観音様に祈願
した法水を参拝に訪れた人々に与えるといった儀式です。





SponsordLink







それにも、頭痛封じのご利益が期待できると言われて
います。


『三十三間堂』はパワースポット!


ここには、1,001体

「千手観音」

「風神雷神」

「二十八部衆の仏像」

があります。


三十三間堂ってどんな寺院5


千手観音の腕は42本なので、42×1,0004万2千という
数の腕という計算になりますが。。。


ここでパワーを感じないという人たちって、いらっしゃら
ないのではないでしょうか。


現実・常識を逸脱している驚きがここにあります。


一つ一つ探すと、必ずあなたが会いたいと思っている
人に似た像があるとも言われています。


しかし、実際にこれ程数多くの中からどうやって探せば
良いのでしょう・・・

「そんなの無理!」


荘厳な雰囲気の中に、観音様の慈愛と癒しのパワーを
感じてみてください。


アクセスは、京都駅からバスなら10分


「博物館三十三間堂前」下車すぐ


京阪電車七条駅からは徒歩7分程度です










  • Yahoo!ブックマークに登録する
  • はてなブックマークに登録する
  • livedoorクリップに登録する
  • newsingブックマークに登録する
  • del.icio.usブックマークに登録する
  • ニフティクリップに登録する
  • RSSを購読する

この記事へのコメント

トレンドワーク.com TOP » パワースポット, 寺院・神社 » 三十三間堂ってどんな寺院?パワースポットとしてのご利益は?アクセス方法は?