ガーデニングって1年中楽しむことはできる!?組み合わせなど方法は? | トレンドワーク.com

ガーデニングって1年中楽しむことはできる!?組み合わせなど方法は?


%e3%82%ac%e3%83%bc%e3%83%87%e3%83%8b%e3%83%b3%e3%82%b0%e3%81%a3%e3%81%a61%e5%b9%b4%e4%b8%ad%e6%a5%bd%e3%81%97%e3%82%80%e3%81%93%e3%81%a8%e3%81%af%e3%81%a7%e3%81%8d%e3%82%8b-%e3%82%b5%e3%83%a0

ガーデニングは、一年中楽しむことだって
全然できます。

そのために、どのような「組み合わせ」
ということを、しっかり理解しておくことが
大事です。

SponsordLink




今回、そう言ったお話しをしますね。


『春夏秋冬』お花に囲まれる素敵な生活


『春夏秋冬』


四季折々の花の咲く庭が、ガーデナーにとって

「ユートピア」

ではないでしょうか。


しかし、それは永遠に到達出来ない理想ではなくて、
ちょっと工夫すれば実現することが出来る方法です。



そこには知識とアイデアが必要だと言います。


そのような方法に到達できれば、ガーデニングが
とても楽しいですし、かつ楽にしてくれる方法で
あるかもしれません。





SponsordLink







まず大事なのは、基本的な花のタイプを知らねば
ならないということです。


『多年草』

『宿根草』

『一年草』


という三つのタイプをしっかり理解し、既にガーデニング
をしていらっしゃるでしょうか。


お花の三つの種類


四季を通して枯れることがなく、2年以上成長を続け
られる植物を『多年草』と言います




お花で言えば、

「イベリス」

「ガザニア」

「アスター」


などです。


%e3%82%ac%e3%83%bc%e3%83%87%e3%83%8b%e3%83%b3%e3%82%b0%e3%81%a3%e3%81%a61%e5%b9%b4%e4%b8%ad%e6%a5%bd%e3%81%97%e3%82%80%e3%81%93%e3%81%a8%e3%81%af%e3%81%a7%e3%81%8d%e3%82%8b1


更に多年草の中に分類されるものの、お花の後に
地上部が枯れて消えてしまい、地下の根で

「越冬・夏越し」

するものを『宿根草』と言います。



「チョコレートコスモス」

「フロックス」


などがそれにあたり、最後に一つの季節で基本終了
してしまう『一年草』です。


「パンジー」

「ビオラ」

「朝顔」


なども『一年草』です。


ガーデニングで何をしなければならないかといえば、
この三つのパターンを上手に組み合わせしていく事
です。


上手組み合わせる


もしそのときガーデナーが、『多年草』『宿根草』
とばかりを意識してしまうことで、季節によってお花
も緑も乏しい庭が実現してしまう可能性があります。


%e3%82%ac%e3%83%bc%e3%83%87%e3%83%8b%e3%83%b3%e3%82%b0%e3%81%a3%e3%81%a61%e5%b9%b4%e4%b8%ad%e6%a5%bd%e3%81%97%e3%82%80%e3%81%93%e3%81%a8%e3%81%af%e3%81%a7%e3%81%8d%e3%82%8b2


今までお話ししたことに、それ程難しさはないかと
思いますが、常に植え替えをし続けるのはやっぱり
大変ではないでしょうか。


チョットしたアイデアが生きる!?


そこで、ガーデナーの人たちにはチョットした工夫を
していただきたいのです。



背の高い『スカビオサ』

(多年草のものと一度花を咲かせて実を結ぶと枯れ
 てしまう1・2年草のものがあります)


などは一見地植えに見えますが、プラスチック鉢に
植えたものを花壇に植えたりしています。





SponsordLink







マルチングで鉢植えであることが全然判らないですし、
このような方法で花期が終了すれば、移動させて次の
季節の鉢植えをここに持ってくれば良いのです。


地植えに見えるけど全て鉢植え


地植えに見えるけど全て鉢植えというのが、一つの
有効的に利用出来るガーデナーのアイデアです。


ただ置いてあるだけなので、簡単にメンバーチェンジ
を行うことができます。



花壇の中には、自由性の高い鉢を作っておくように
しましょう。


手の届きにくい花壇には、毎年球根や季節の花を植え
ていきます。


出来るだけ華やかな花を選択すれば、少ない量でも
花壇が賑わっている感じにすることが出来ます。


%e3%82%ac%e3%83%bc%e3%83%87%e3%83%8b%e3%83%b3%e3%82%b0%e3%81%a3%e3%81%a61%e5%b9%b4%e4%b8%ad%e6%a5%bd%e3%81%97%e3%82%80%e3%81%93%e3%81%a8%e3%81%af%e3%81%a7%e3%81%8d%e3%82%8b3


また台風のシーズンなどでも、植物を鉢管理する事は、
いろいろ他にもメリットがあるはずです。


ベランダの狭いスペースでは、シーズンを通して花を
咲かせる事は楽ではありません。



球根類やビニールポットを使用して、簡単なオート
メーションの寄せ植えを作ってみましょう。


「アネモネ」の寄せ植えが、初夏になると花も葉も枯れ
落ち休眠に入れば「チョコレートコスモス」が目を覚まし、
初夏からは「チョコレートコスモス」の寄せ植えとして
活躍をします。










  • Yahoo!ブックマークに登録する
  • はてなブックマークに登録する
  • livedoorクリップに登録する
  • newsingブックマークに登録する
  • del.icio.usブックマークに登録する
  • ニフティクリップに登録する
  • RSSを購読する

この記事へのコメント

トレンドワーク.com TOP » 季節, 趣味 » ガーデニングって1年中楽しむことはできる!?組み合わせなど方法は?