ウォーキングダイエットって効果があるの!?正しい方法や注意点は? | トレンドワーク.com

ウォーキングダイエットって効果があるの!?正しい方法や注意点は?


ウォーキングダイエットサムネイル イラスト
ウォーキングダイエットは、非常に簡単なダイエット法です。

道具や費用がかからず、すぐに始めることができる
ダイエット法として多くの人が行っています。

そこで、気になるのがウォーキングダイエットの効果です。

ダイエットと名がつきますので、痩せる効果は想像出来ると
思いますが、他にも優れた効果を引き起こすかも!?

SponsordLink



ウォーキングダイエットの効果とは?



では、まずウォーキングダイエット効果について
御紹介しましょう。





その前に、ダイエットの目的は何と言っても
健康的に痩せることです。





無理な食事制限によって体重を減少させたとしても、
それは好ましいダイエット法ではありませんね。



食事制限 イラスト




体重ではなく、体内の脂肪を燃焼させることが重要なのです。





ウォーキングダイエットには、その脂肪燃焼効果があります。



脂肪燃焼 イラスト




脂肪燃焼に不可欠である大量の酸素がウォーキング
ダイエットによって、体内へ吸収されることができるからです。





いわゆる有酸素運動ですね。





ウォーキングダイエットによる有酸素運動によって、
蓄積された体内の脂肪が燃焼され、体はスッキリです。





また、ウォーキングダイエットの魅力は、
ダイエット効果だけではありません。




ウォーキングすることにより、腰痛が改善したと
言った声もよく耳にします。





これは、下半身に溜まっていた血液の巡りが
良くなることの結果ですね。





さらに、中高年の敵でもあるメタボ対策としても
ウォーキングダイエットは適しています。





メタボリックシンドーロームは、内臓脂肪が引き起こす
怖い病気です。




メタボ イラスト





ウォーキングダイエットには、内臓周りの脂肪を燃焼させる
効果がありますので、メタボ対策を思案されている人には
是非おすすめですね。(笑)





これら以外にもウォーキングする事による効果は、


「痴呆予防」

「不眠症」

「便秘の解消」

「ストレス緩和」




など、多くの効果があるとされています。





ダイエット効果だけでなく、私達が抱える様々な問題へ
作用するようですね。





運動によるダイエットを行いたいけれど、運動が苦手と
いった方でもウォーキングダイエットなら無理なく始める
ことができます!






そして、どんなダイエットを実践しても長続きしないと
いった人も、歩くだけのダイエットを日常に取り入れて
みてはいかがでしょうか!?





きっと体が喜ぶ効果を得ることができますよ。(*゚▽゚)ノ


ウォーキングダイエットの正しい方法!



ウォーキングダイエットは、脂肪燃焼に大変適した
ダイエット法とされています。




しかし、間違った方法でウォーキングダイエットを
行っていると、思う様な効果を得ることはできません。






そこで、ウォーキングダイエットの正しい方法を
知る必要がありますね。


考える イラスト



ウォーキングダイエットは、その名の通り歩く
ダイエット法ですが、ただ歩くのではなく歩く際の
「姿勢や目線」、そして「歩く速さ」などに注意を
して行うと、さらに効果がアップします。





まず、歩く姿勢は猫背にならない注意が必要です。





背筋をきちんと伸ばし、目線は真正面若しくは15m程度
先を見るなど少し遠くにするのも良いでしょう。





下を向いていると、どうしても姿勢が悪くなりますよね。





自分の頭の上に糸があり、その糸に吊り上げられている
ようなイメージを持ちながら行うのも一つの方法です。(笑)





次に、歩く速度は普段よりは早めが良いですね。





せかせかと先を急ぐ歩き方ではなく、通常より少し早めを
意識すれば良いと思います。





目安は1分間に90mの速さで、手をしっかりと振って
歩くことへの心掛けも大切です。





「猫背にならない」


「速度は早め」





そして「手を振る」といったウォーキングダイエットの
正しい方法が自然とできるポイントが!?




SponsordLink






それは、「大股で歩く」ことです。





大股で歩く為には、自然と手をしっかり振る
ことになりますね。




そうすれば速度も速くなるので、下を向いていると
進むことができません。





ウォーキングダイエットを正しく行う為には、
大股を意識すると良いですね。





最後に歩き方です。





足の膝をしっかりと伸ばし、前に踏み出しましょう。






かかとから着地をすることが大切で、重心はかかとから
順につま先へと移動させます。





つま先を離す際の足首を伸ばすイメージもポイントです。





ウォーキングダイエットの正しい方法を理解し、
実際にダイエットを行うとその効果に驚くことでしょう!


ウォーキングダイエット イラスト



すぐに始めることができるダイエットとして
是非挑戦してみてください。


ウォーキングダイエットの注意点!



有酸素運動によるダイエット効果を得ることが
できるとして、ウォーキングダイエットは今も
注目されています。




何より、手軽に始めることができる点が嬉しい
ですよね。(o^∇^o)ノ





脂肪燃焼など、様々な効果を引き起こしてくれる
ウォーキングダイエットですが、いくつかの注意点に
気を付けるとさらに効果はアップします。






では早速、その注意点について御紹介しましょう。





何度も言いますが、ウォーキングダイエットは
歩くことによるダイエット法です。





よって、歩くコンディションを整える必要があります。





まずは「シューズ選び」です。


シューズ選び イラスト



足は私達の健康のバロメーターとも呼ばれている
重要な器官ですので、正しい靴選びは不可欠となります。






ウォーキングダイエットでは、足への負担を減らす
シューズ選び
が最初のポイントとなります。





ウォーキングダイエットに適しているシューズは、
かかとが少し厚めになっているものが良いですね。





足への衝撃を減少し、足を痛めることが避けられます。







つま先に余裕がある点も忘れてはいけません。





シューズが決まれば、次は歩く際の服装です。





ウォーキングダイエットでは、大量の汗をかくことが
想定されます。





よって、汗対策ができる服装がベストですね。





通気性・吸湿性に富む素材が良いでしょう。





シューズや服装といった歩くスタイルが決まれば、
実際にウォーキングに効果的な時間について知る
必要があります。





一日の間で、ウォーキングダイエットは
いつ行うのが効果的なのでしょうか。…c(゚^ ゚ ;)ウーン





まず注意しなければいけない点は、
空腹時は避けることです。


空腹 イラスト


空腹時にウォーキングダイエットを行うと、
血糖値が下がる心配があります。





食べると即エネルギーとなる、「バナナ」なんかを口に
すると良いですね。




ウォーキングを行う理想の時間帯は、
食後1~2時間とされていることも大事なので
知っておきましょう。




ウォーキングダイエットと言っても、
ただウォーキングをすればダイエットに
なるといった訳ではないのです!





歩く時間は20分以上を心掛けないと、
脂肪燃焼が行われないことも解明されています。





効果的なウォーキングダイエットを行う為にも、
正しい知識を持っているのと持っていないのと
では、結果的に大きな差が出てしまうんですね。





SponsordLink






  • Yahoo!ブックマークに登録する
  • はてなブックマークに登録する
  • livedoorクリップに登録する
  • newsingブックマークに登録する
  • del.icio.usブックマークに登録する
  • ニフティクリップに登録する
  • RSSを購読する

この記事へのコメント

トレンドワーク.com TOP » ダイエット » ウォーキングダイエットって効果があるの!?正しい方法や注意点は?