節分に豆まきをするのはどうして!?正しい作法や良い時間帯ってあるの? | トレンドワーク.com

節分に豆まきをするのはどうして!?正しい作法や良い時間帯ってあるの?


豆まき1 サムネイル

2月3日は節分です。

鬼のお面をかぶったお父さんや、幼稚園、保育園、
小学校の先生など、お面をつけた大人たちが子供
たちに「鬼は外、福は内」と言って、豆を投げられ
ながら追いかけられ、寒い屋外へ追いやられる姿
は毎年のことですが、微笑ましい日本の風物です
よね。(笑)

豆を投げられて寒い屋外へ追いやられる大人の
みなさん。

はしゃぎ過ぎて、怪我をしたり風邪をひいたりしな
いように気をつけてくださいね。

SponsordLink



 
ところで、節分に何気なく豆をまいていますが・・・

そもそもなぜ豆をまくのかって、その理由を皆さん
は知っていますか? 

今回はそんなあれ?なんでなんだろうという節分
の豆まきについて調べてみました。


豆まきをするのはどうしてなの?


 
そもそも節分になぜ豆まきをするのでしょうか? 



季節の変わり目には邪気が生じるという古くからの
考えが根底にあります。




この邪気を追い払う悪霊払いの行事として、追儺という
鬼払いの儀式
が変化して豆まきが始まったと考えられて
いるようですね。


魔除け イラスト



諸説あるものの、豆まきの始まりは平安時代に都を
荒らす鞍馬山の鬼に対し、祈祷をし、鬼の穴を封じて
三石三升の炒り豆で鬼の目をつぶし、厄災を逃れたと
いう故事伝説だと言われてます。



豆を語呂合わせで「魔目」、魔滅に通じ鬼に豆をぶつける
ことにより邪気を追い払い、一年の無病息災を願うという
意味合いもあるそうですよ!





SponsordLink







豆まきの正しいまき方とは?


 
まず豆まきの始まりでもあった通り、元々邪気を
追い払う目的があったことから、使用する豆は
お祓いを行った炒り豆です。



豆まきは鬼を祭神としている神社などでは例外的に
「鬼は内」となりますが、通常は「鬼は外」と掛け声を
かけながら豆をまくというのが正しいまきかたです。


豆まき 鬼は外 イラスト



また豆まき前には、鬼の侵入口になるところを全て開けて
おきましょうね。(^▽^)/



そして、家から鬼を追い出すイメージで、一番奥の部屋
から順番に豆まきを行い、鬼を追い詰め、最後に玄関に
まいて鬼を家から追い出しましょう。





その際も、最初に開けておいた窓に向かって「鬼は外」
掛け声をかけながら豆をまきましょう!



正式には、追い出すときは「鬼は外」が正しく、「福は内」
とは言いません。




SponsordLink






「鬼は外、福は内」と言いながら豆をまいてしまっては、
福も一緒に豆をまいて追い出してしまいます(-。-;)



豆をまいて鬼を追い払ったら、追い払った鬼が戻って
こられないように、すぐに扉を閉めて今度は「福は内」
言いながら部屋の中に豆をまきます。

 


豆まきが終わったら、自分の年齢よりも1つ多い数の豆を
食べて締めくくります。



豆まき 豆食べる イラスト



これは、厄除けの意味があるためです。



ここで注意すべきは豆の数の数え方ですが、これは数え年
食べると言われています。



節分に限らず、日本古来の行事の多くは数え年で数え
ますので、節分も同様に数え年で数えるようですね。


まく時間帯は何時頃が良い?


 
言い伝えでは、鬼は真夜中に忍び込んでくると考え
られてきました。




そのため、豆まきは鬼の来る夜に行うことが良いと
言われています。




細かい時間帯は特には決まっていませんので、夜に家族で
そろって仲良くできる時間帯に行えば良いようですよ。(*’-‘)b OK!










  • Yahoo!ブックマークに登録する
  • はてなブックマークに登録する
  • livedoorクリップに登録する
  • newsingブックマークに登録する
  • del.icio.usブックマークに登録する
  • ニフティクリップに登録する
  • RSSを購読する

この記事へのコメント

トレンドワーク.com TOP » イベント・行事 » 節分に豆まきをするのはどうして!?正しい作法や良い時間帯ってあるの?