お盆とは実は何?その由来や期間は?他に何をするの? | トレンドワーク.com

お盆とは実は何?その由来や期間は?他に何をするの?


お盆とは実は何?その由来や期間は サム

『お盆』とは、日本人にとってとても大事に
されてきた行事です。

お盆の飾り、お供え、墓参りなど、この日に
することはいくつかあります。


しかし、若い世代にはあまり知られていない
お盆の時にすることや行事の意味。


そして由来をご紹介していきます。

SponsordLink





お盆とはそもそも何?その由来とすること!

 
お盆とは、先祖の霊があの世から家族のもとへ
帰ってきて一緒に過ごすと言う、日本では古くから
行われている進行行事です。





お盆の頃には、昔から家族で過ごしたり親戚一同が
集まってそこに僧侶が回ってお経を挙げて回ります。





檀家を多く抱えているお寺の場合は、お盆の時にお寺
から合同の読経を行う場合もあります。




読経をお願いした僧侶当てに「御布施」や「御車代」
包みます。





SponsordLink







【お盆の時の「御布施」や「御車代」の相場は?】
 

これは地域やその読経の方法等でも違いがあるようです。



今回紹介するのは東京出の相場を紹介していきます。



地域によっての違いなどもある為、わからない場合は同じ
檀家さんにきいてみるのが間違いありませんね。



新盆の場合、相場は2万円



新盆以外の場合、相場は1万円



お盆の期間はいつ?毎年決まっているの?

 
お盆の期間というのは地域によって違いがあります。




ただ共通しているのは15日という日を意識している
事です。






実に3種類のお盆が存在していて、それぞれその地域の
特徴に合っている野か漏れません。




【暦時期代表地域】


7月盆

新暦 7月15日が中心

7月13日~16日

東京・横浜・東北地方など。



8月盆

新暦 8月15日が中心


8月13日~16日

全国的に多い。

北海道・新潟・長野 関東南部・関西地方など。



旧盆

旧暦 旧暦の7月15日ころが中心


(新暦での日程は、年によってことなる。)

関東北部・中国・四国九州・南西諸島など。

 

お盆とは実は何4




8月盆は旧盆と同じじきに行われることもあるので、
「旧盆」と呼ばれるのが慣例になっているようです。





【お盆の時期が3つある理由】
 

国内の行事なのに、いくつもお盆があるというのは
不思議に思われるかもしれませんが・・・




この違いが生まれたのは、新暦と旧暦の切り替えが
行われたことに由来していると言われています。
 




明治時代の初期に暦が今使われている新暦に変化し、
その時に地域によってお盆の日やその他の行事にも
違いがあり、そのまま定着していったことでこのよう
に違いが生まれています。





旧暦のお盆に関しては現在の新暦と暦の作り方に違い
があるため、若干の日のズレが生じることもあるよう
です。




【東京などの都心部でお盆が早い理由】
 

東京や都心部でお盆んが一ヵ月早い理由は実は簡単で、
人の混雑を考えてのことというのが一番の理由になって
いるようです。
 




東京や都心部のお盆は7月13日~16日の間というのも
土地の性質によるものだったんですね。





SponsordLink







お盆のときに行う主な行事を知っておこう!

 
お盆の時に行う事というのは、何となく理解している
けどメモ代わりに使えるように行う事をまとめてみま
した。




日によってする事が違うので、いちいち覚えておけない
という事もありますので参考にどうぞ!




13日~16日の間に行うことをまとめています。




13日をお盆入りと言いますが、この日は門口でオガラなど
 で迎え火をし、玄関に提灯をつけ迎え団子を備えて準備を 
 します。




14日にお供えするものはナスとキュウリの胡麻和え。



15日には「蓮飯」やナスやキュウリで作った馬や牛をお供え 
 します。




16日はお盆最終日、門口で送り火をたいてご先祖を送り出し
 ます。



お盆の頃にナスやキュウリを飾っているのは東北、関東、北陸
などの風習で全国的なものではないようです。





「その他の地域では何か飾るのか?」



と疑問に思う方もいらっしゃいますが、風習としては特にない
ようです。




【ナスとキュウリで作られる牛と馬の呼び方】


精霊馬(しょうりょううま)

精霊牛(しょうりょううし)

または御眷属(ごけんぞく)


 


なぜ、お盆のときの飾り物としてナスやキュウリが選ばれた
のかというと。。。



お盆とは実は何?その由来や期間は3



例えば、お正月の時には餅(米)やお盆の時には麦麺等をお供
えするのは、その時期の代表的な穀物である事からお供えされ
ています。





そして、お盆の頃の代表的な夏野菜と言えばキュウリとナス
ですから、それらをお供えものとして使う習慣になりました。

 



「ナス牛とキュウリ馬?」


「ナス馬とキュウリ牛?」




一般的に多いのはナス牛とキュウリ馬です。




しかし逆に使われている場合もあるのをご存知ですか?
 




これは、それぞれの牛や馬と名前のつくものの意味がその
地域にとっての習慣によって違いがあるようです。



・お迎えに馬をつくり送りに牛をつくる。


・精霊を馬で早く迎え、帰りは牛でなるべくゆっくり帰って
 もらう。


・お迎えに馬をつくり送りに牛をつくる。


・精霊を丁寧に迎えるために牛をつくり、急いで帰ってもらう
 ために馬。






  • Yahoo!ブックマークに登録する
  • はてなブックマークに登録する
  • livedoorクリップに登録する
  • newsingブックマークに登録する
  • del.icio.usブックマークに登録する
  • ニフティクリップに登録する
  • RSSを購読する

この記事へのコメント

トレンドワーク.com TOP » 夏休み・冬休み・春休み, 季節 » お盆とは実は何?その由来や期間は?他に何をするの?