夏休みの宿題で苦手な読書感想文!小学生でも簡単に終わらせる方 法やポイントはある? | トレンドワーク.com

夏休みの宿題で苦手な読書感想文!小学生でも簡単に終わらせる方 法やポイントはある?


夏休みの宿題で苦手な読書感想文 サム

夏休みと言えば、いろいろ楽しいことがありますが、
やっかいなのが夏休みの宿題ですね。

中でも自由研究、読書感想文は大変だったんじゃない
でしょうか。

お子さんも、

「夏休みの宿題なんてすぐに終わらせちゃうぜ!」


という場合なら良いのですが・・・

SponsordLink





たいていは、直前まで手付かずなんだと思います。


まだ読書感想文やってないんだけど、サクッとでき
ちゃう方法をご紹介しますね。


まずは本選び!


小学生の読書感想文とは言え当然ですが、その本を
ちゃんと読まないといけません。




子供が興味を持っている本というのが理想なのですが・・・





普段本をあまり読まないなどの場合だと、長い話を読む
のは難しそうなので、短編のものをいくつか見せて選ん
でもらうのがいいでしょう。



そして、ちゃんと読むこと!



夏休みの宿題で苦手な読書感想文1



ですね。


読書感想文の書き方は?


問題はここからです。




本を読むのが好きな場合でも、読書感想文となると苦手
という人も多いと思います。





単純に感想だけを書いてみても、全然文字数が足りないで
しょう。




小学生低学年でも、原稿用紙2枚分(約800文字は必要ですね。





そんなある程度の文字数を書くポイントとしては、いくつかの
構成に分けて考えましょう。




では構成についてです。





SponsordLink







【書き出し】


まずは書き出しです。



書き出しは結構重要で、ここがうまくいくとスラスラ書けますよ。




書き出しとしては、まず簡単にあらすじを書きます



最初に、話の全体図を紹介しておくと、読む側が分りやすくなり
ます。


【印象に残った場面】


次は印象に残った場面です。




本を読んでいけばいくつか思い当たるところがあると思います。





その場面をいくつか抜き出して、そこで主人公の行動と考え方、
自分ならどうするか
、などを書いていきます。





何か教訓を得られたのなら、そういうのも書いていきます。




ここが一番むずかしいところですが、一番差がつくところですね。


【全体の感想】


最後に全体を通しての感想を書きます。




本を読んだ結果、何か考えることがあったとか、得られたもの、
考え方などを書いていきます。


【具体的な書き方】


本の主題が何か意識しながら読む。




作者が本を通して何を伝えたいか、をまず掴みましょう。




そして、書く手順として、


1)なぜその本を選んだか

2)本のあらすじ

3)本論:自分がもし本の主人公ならと仮定してみる





参考として、下記の言葉に続くような事を書いてみましょう。


・作者は

・たとえば

・主人公は

・ひょっとしたら

・別の見方をすれば

・きっと

・多分

・しかし

・やはり

・もしも

・私だったら

・あるいは

・思うに



最後に、この本を読んで自分が考え直したことを書いてみま
しょう。





SponsordLink







つまらないと思ってもその思った事を素直に書いてみれば良い
です。





自分の好きな事、興味のある事と繋げたりしてみて下さいね。


読書感想文のポイント!


ここまで、だいたいの構成と書き方について紹介しました。




上で挙げたような構成とポイントを押さえつつ書きましょう。





簡単なあらすじだったら、


「どんな話だったか?」


と自分に聞いてみたり、



「自分だったらどうする?」



とか自分に聞いてみたりしながら書くと上手く書けますよ。




  • Yahoo!ブックマークに登録する
  • はてなブックマークに登録する
  • livedoorクリップに登録する
  • newsingブックマークに登録する
  • del.icio.usブックマークに登録する
  • ニフティクリップに登録する
  • RSSを購読する

この記事へのコメント

トレンドワーク.com TOP » 夏休み・冬休み・春休み, 学校行事 » 夏休みの宿題で苦手な読書感想文!小学生でも簡単に終わらせる方 法やポイントはある?