子供、赤ちゃんが熱中症にかからないため気を付ける事は?食べ物・水分補給?他に出来る事は何がある? | トレンドワーク.com

子供、赤ちゃんが熱中症にかからないため気を付ける事は?食べ物・水分補給?他に出来る事は何がある?


子供 赤ちゃん 熱中症 サム

スポーツ教室などで他の子供がいたら、いくら気を
付けていても暑い季節には体調によって熱中症
なってしまう事ってありますよね。

でも、熱中症にならないように対策を先に練って
おきたいものです。

今回は、子供や赤ちゃんが熱中症にならないよう
先手を打てる対策をご紹介しますね。

SponsordLink





子供、赤ちゃんが熱中症にかからないために気をつける事は?


子供は熱交換の機能がまだ未熟なので、熱中症に
なりやすいのですが、熱中症にならないようにと出来
るだけ薄着で露出をした格好をさせがちです。


でも、


「露出をしている=外からの熱の保護がない」


と言う事なので、タンクトップよりはTシャツ。




ポロシャツなどの襟のあるシャツがおすすめです。








そうは言っても、スポーツ教室などでユニホームが
あり、服装は変えられないこともありますよね。




それでもできる対策はあります。




炎天下の下で、何時間も活動がある時には最低でも
帽子をかぶりましょう。





そして、こまめに休憩をとり日陰で涼むことができる
と一番いいのですが・・・








出来ない時には、休憩時にはアイスノンをタオルに
挟んだ
ものや、濡らすと冷たくなるタオルなどで体の
熱を下げると良いですよ。(笑)


子供の熱中症対策にぴったりの飲み物は?


熱中症対策の基本はやはり「水分補給」




子供には特に気を付けて、飲むよう声をかけま
しょう。




まず、運動前に十分水分補給をさせておいてくだ
さい。




体格にもよりますが、最低コップ1杯は必要です。





涼しい日の通常の運動なら普通の水で良いのです
が、激しい運動や暑い日には汗と一緒にミネラルも
体から出ていきます。




なので、2倍に薄めたスポーツドリンク。




SponsordLink







また、200ccに小さじ1/4の塩とはちみつ、レモン
を混ぜたドリンク
で水分補給しましょう。






あと、休憩の時と運動の後にもしっかり水分の補給
をしなければいけません。




特に、夏日でサッカーなどの激しい運動を2~3時間
屋外でした後には、最低でも1リットルは補給しましょう。





また、ドリンクは適度に冷えている方が効果的です。


子供の熱中症予防の食事は何を食べさせると良い?


体力がないほど熱中症にかかりやすいのですが、
普段から運動をしていて健康だからと言って過信
してはいけないのが子供の熱中症。




運動をした後や、熱中症の予防のためにしっかり
摂っておきたい栄養素は、


『カリウム』

『ビタミンB1』

『クエン酸』



です。




カリウムは、汗と一緒に体外に出るのですが、
体内にカリウムが不足すると細胞内から脱水
症状を起こします。




カリウム不足からの脱水症状があると、熱中症
になった時の回復が遅れますので、運動した後
には必ず補給し普段から気を付けて摂っておくと
熱中症にもしかかっても回復が早くなります。





SponsordLink







・【カリウムを多く含む食べ物】


パセリ、のり、ひじき、バナナ、ホウレンソウ、小豆
などビタミンB1が不足すると、糖質の分解がうまく
いかず疲労物質がたまりやすくなり疲れやすくなり
ます。



夏バテ防止にもしっかり摂りたい栄養素です。





・【ビタミンB1を多く含む食べ物】


豚肉、焼き豚、ウナギ、グリーンピース、海苔、大豆
(乾)クエン酸サイクル
と言う疲労物質を体外に排出
するのに必要で、疲労回復に有効な成分です。





・【クエン酸を多く含む食べ物】


レモン、グレープフルーツ、梅干し、食酢、黒酢など。



また、牛乳を運動後に飲むと熱中症に強くなります。



子供 牛乳 イラスト



それは、牛乳のたんぱく質がみそで、運動した後に
牛乳(たんぱく質)を摂ると、血液中にアルブミン
いう水分を保持する成分がつくられます。




すると、血液中に水分が引き込まれて血液量が増え
るので、皮膚の下の血液量が増えることで熱を発散
しやすくなり、体温の上昇が防げるのです。





運動後に、たんぱく質を摂れば何でも良いようにも
見えますが、牛乳は水分と一緒に摂れるので効果的
です。





子供には、

「元気でいっぱい運動をしてほしい!」



と思っていても熱中症は怖いですよね。




しっかり、こまめに水分補給をして、帽子をかぶって
牛乳もしっかり飲んで遊ばせましょう。





体を動かす習慣があるほうが熱中症にはなりにくい
ので、熱中症が怖いからクーラーの効いた屋内にいる
のではなく、汗をかく習慣も身につけましょうね。(笑)




ただし外出する時は、お昼の炎天下は避た方が良いと
思います。




  • Yahoo!ブックマークに登録する
  • はてなブックマークに登録する
  • livedoorクリップに登録する
  • newsingブックマークに登録する
  • del.icio.usブックマークに登録する
  • ニフティクリップに登録する
  • RSSを購読する

この記事へのコメント

トレンドワーク.com TOP » 健康・病気, 季節, 熱中症 » 子供、赤ちゃんが熱中症にかからないため気を付ける事は?食べ物・水分補給?他に出来る事は何がある?