エアコンでドライ(除湿)の効果的な使い方ってある?冷房と使い分けるには?どちらが節電? | トレンドワーク.com

エアコンでドライ(除湿)の効果的な使い方ってある?冷房と使い分けるには?どちらが節電?


エアコンでドライ(除湿)の効果的な使い方ってある サム

みなさんは、エアコンの正しい使い方をご存知
ですか?

実は多くの方がエアコンを間違った知識で使い、
逆に電気代を高くしてしまっていたんです。

今回は、間違った知識で使われていることが
多い、エアコンの「冷房」と「除湿」機能について
ご紹介します。

正しい知識を身に付けて、無駄な電気代を減ら
しましょう。

SponsordLink






夏に使われるエアコンの機能は、「冷房」「弱冷房除湿」「再熱除湿」の3つ


私たちが夏に利用するエアコンの機能には


「冷房」

「弱冷房除湿」

「再熱除湿」




の3つがあります。




それぞれ以下のような違いがあります。



1・【冷房】


室内の「温度」を下げることを最優先とした機能。



2・【弱冷房除湿】


室内の「湿度」を下げることを最優先とした機能。


湿度を下げるために、温度を下げた空気をその
まま部屋に戻している。





SponsordLink







3・【再熱除湿】


室内の「湿度」を下げることを最優先とした機能。



湿度を下げるために、温度を下げた空気を温め
なおしてから部屋に戻している。


冷房と除湿(ドライ)の使い分け


エアコンを使う時にまず悩むのが、「冷房」と
「除湿(ドライ)」のどちらを使ったら良いのだろ
かというところです。





まずは、冷房機能と除湿機能の違いを詳しく見て
いきましょう。





夏によく使われるエアコンの機能は、冷房機能
除湿(ドライ)機能です。




冷房機能と除湿機能の違いは以下のようになり
ます。


1・【冷房機能】


部屋の温度を下げることを最優先とした機能です。



エアコンが室内の空気を吸い込み、空気中の暑い
熱を外へ逃がします。



熱がなくなり涼しくなった空気は、また室内に戻さ
れます。



冷房はこのようなしくみで部屋の中を涼しくしてい
ます。





SponsordLink







2・【除湿機能】

部屋の空気中の湿度を下げることを最優先とした
機能です。



温度が高い程、空気が保持することができる水分
量は多くなります。



そこでエアコンは室内の空気を吸い込み、その空気
を冷やすことで空気中に含まれる水分を追い出し、
追い出された水分は水となりホースで外へ排出され
ます。



水分をとったあとのさらさらになった空気は、また
室内に戻されます。



これを繰り返すことで室内の湿度を下げるのです。




つまり、冷房機能も除湿機能も、基本的には同じ
ように空気を冷やし、どちらの場合にも空気中の
水分量冷やされることで結露して、水になって
室外に放出されます。


冷房機能で運転しているとき、エアコンは設定された
室温になるように冷房運転を行う一方で、除湿機能で
運転している場合には、湿度が目標の値になるまで
微弱な冷房運転を行うというのが基本的な違いです。


種類の除湿機能「弱冷房除湿」「再熱除湿」の使い分け


上記では「冷房」「除湿」の違いについてご紹介し
ました。




次は、2種類の除湿機能について見ていきたいと
思います。




最近のエアコンの除湿機能には、



「弱冷房除湿」


「再熱除湿」




という2つの種類があります。




その違いは以下のようになります。




1・【弱冷房除湿】

部屋の温度を下げつつ(冷房しつつ)部屋の湿度
も下げます。



湿度を下げるために冷やされた空気をそのまま
室内へ戻しています。


2・【再熱除湿】

部屋の温度を下げないよう、湿度だけを下げます。



湿度を下げるために冷やされた空気を再度暖めて
から室内へ戻しています。



空気を冷やすことで水分を取り除くのは、弱冷房
除湿も再熱除湿も同じです。




再熱除湿運転では、一度冷やして水分を取り除いた
空気をもう一度暖めることで、室温の低下を防ぐよう
に運転する点が違いです。



それぞれの機能の特徴をよく理解してつかうことが
電気代の節約につながります。





※梅雨の時期や夏の少し肌寒い雨の夜などは、再熱
 除湿機能を使うことで身体を冷やさずに快適に過ご
 せます。


(再熱除湿機能は電気代が少し高めですが、冷房で
 身体を冷やして風邪をひいてしまうよりは必要な
 時だけ必要な機能を使うことをおススメします。)





※湿度が高くじめじめしている夏場で、弱冷房除湿
 で部屋の温度が快適になる場合は、弱冷房除湿が
 おススメです。




※室外気温が高く室内も大変暑い場合は、冷房機能
 で一気に部屋の温度を下げ、自動運転で設定温度
 を維持する方法が電気代は節約できます。



  • Yahoo!ブックマークに登録する
  • はてなブックマークに登録する
  • livedoorクリップに登録する
  • newsingブックマークに登録する
  • del.icio.usブックマークに登録する
  • ニフティクリップに登録する
  • RSSを購読する

この記事へのコメント

トレンドワーク.com TOP » エアコン・暖房・節電, 季節 » エアコンでドライ(除湿)の効果的な使い方ってある?冷房と使い分けるには?どちらが節電?