熱中症で多い症状は発熱と下痢!?他にもどんな辛い症状があるの?症状は何日くらい続く? | トレンドワーク.com

熱中症で多い症状は発熱と下痢!?他にもどんな辛い症状があるの?症状は何日くらい続く?


熱中症で多い症状は発熱と下痢 サム

環境や社会の変化に伴って、近年増加の一途を
辿る『熱中症』は、もう今や夏に聞かないことは
ないほど身近な病気となっています。


予防法や、罹った時の対処法はよく耳にすると
思いますが、一度罹ってしまった熱中症はどれ
くらいで治るのか?


頭痛や嘔吐、下痢などの症状別に対処法も合わ
せてご紹介していきます。

SponsordLink






熱中症の症状って色々あるの?


人の体は、気温が高い時など暑さを感じたり体内
に熱がこもった状態の時、汗をかく事で体温を
調節するのですが・・・




あまりにも暑すぎると、体温の調節機能がうまく
働かなくなってしまいます。




そして、大量の汗をかいた時、


「水分」

「塩分ミネラル」




が大量に体の外に排出されてしまうと、体内の
塩分量や水分量が乱れてしまい、体調に変化が
現れます。




これが熱中症です!




その症状を大きく分けると3段階に分類されます。


1・【軽度】


めまいや立ちくらみを起こす、筋肉が痛んだり
硬直する、大量の汗が出る。


軽度の場合は体温が上がらないこともある。


2・【中度】


頭痛や気分の不快から吐き気や嘔吐。


体がだるくなってぐったりとし、力が入らなく
なる。


3・【重度】


けいれんや手足のしびれ、運動障害が起こり、
高体温になり、意識を失うこともある。





SponsordLink







熱中症が疑われたら、まずは体の状態をよく
見極めて適切な処置をすることが大切です。




「涼しい場所に移動する。」


「水分・塩分・ミネラルを補給する。」


「安静にし、体の状態を見極める。」


「必要時は医療機関を受診する。」




これを実行しましょう。



熱中症で多い症状は発熱と下痢1



初めのうちは体温があがらないことも多く、
気づかず放置しがちですが、あっという間
に重症化してしまう怖い面もあります。





体温だけでなく、ほかの症状はないかを
見極めることが大事なのです。


熱中症が回復するまでに必要な期間


一旦熱中症に罹ってしまうと、完全に体が
元の状態に戻るまでは2~3日1週間!?




またはそれ以上と個人差もかなりあります。





SponsordLink







これは熱中症に罹った時の元々の体の状態に
よって個人差があるためです。





普通の健康体の人でも、2~3日は回復する
までかかると言われているので、熱が下がった
り、頭痛がなくなったりと症状がなくなっても油断
することは禁物です!




熱中症で多い症状は発熱と下痢2



一度熱中症に罹ってしまうと、熱中症になりやす
くなるという説もあるので、きちんと体が回復する
までは無理をせずに安静にしておくことが大事です。


まとめ


熱中症といっても様々な症状が出るという事と共に、
すぐには回復しないということも分かりました。





夏場に冷たいものを食べすぎないで、温かい物を
取るのが体に良いと昔の人は良く言いましたが、
これはこのような理由からということなんですね。





「冷えは万病の元になる」


と言うことです。





バランスのとれた食事、暑いからと体を冷やし
過ぎない!




しっかりと失われた水分・塩分・ミネラルを補給
する
ことを普段から心がけることで、熱中症は
防ぐことが出来ます。



熱中症で多い症状は発熱と下痢3




地球温暖化やヒートアイランド現象で、ますます
気温上昇が懸念される中、自分の体を守るため
に出来ることをしっかりと実践していきたいもの
です。




  • Yahoo!ブックマークに登録する
  • はてなブックマークに登録する
  • livedoorクリップに登録する
  • newsingブックマークに登録する
  • del.icio.usブックマークに登録する
  • ニフティクリップに登録する
  • RSSを購読する

この記事へのコメント

トレンドワーク.com TOP » 健康・病気, 季節, 熱中症 » 熱中症で多い症状は発熱と下痢!?他にもどんな辛い症状があるの?症状は何日くらい続く?