熱中症って風邪引きと何が違うの?放っておくとどうなる?毎年死 亡確率が増えている!? | トレンドワーク.com

熱中症って風邪引きと何が違うの?放っておくとどうなる?毎年死 亡確率が増えている!?


熱中症って風邪引きと何が違うの サム

真夏になると、目眩がするくらい暑いですよね。

毎年ニュースでもご存知の通り、死亡事故を
始め熱中症による事故が後を絶ちません。

熱中症は暑い環境の中に晒されたり、そう言う
環境の中で運動したりすることによって発症し
ます。

まず脱水状態となり、身体の中に大量の熱が
発生して身体に障害が起こります。

軽い症状から段々と重い症状へ進行していき
ますが、極めて短時間で急速に重症となる事も・・・

SponsordLink





乳幼児から高齢者まで年齢を問わず発症し、
屋外だけではなく閉め切った暑い室内など
日常の暮らしの中でも起こることがあります。


確かに熱中症は命に関わりますが、危険性を
知ってよく注意すれば予防することが充分に
可能です。



今回は、この熱中症を取り上げご紹介しますね。


熱中症って風邪ひきと何が違うの?放っておくとどうなる?


まず軽症では、


「口渇」

「発熱」

「顔面紅潮」

「目眩」



等ですが、多量の発汗が続き水分は補給しても
電解質、特にナトリウム(塩分)の補給が不充分
な場合
に下肢や腹壁の筋肉に強直性の痙攣が
見られます。




これを『熱痙攣』と言います。




また、数秒程度の失神も見られることがあります。




運動をやめた直後に起こることが多いとされており、
運動中にあった筋肉によるポンプ作用が運動を急
にやめると止まってしまうことにより、一時的に脳へ
の血流が減ること。





また、暑い中での長時間にわたる活動のため末梢
血管
が広がり、相対的に全身への血液量が減少を
起こす事によるとされています。





もう少し進んで、大量に発汗して水分とナトリウムの
何らかの或は、両方が不足した状態になると脱水症状
が著明となり、


「目眩感」

「疲労感」

「虚脱感」

「頭重感(頭痛)」

「失神」

「吐き気」

「嘔吐」




など幾つかの症状が重なり合って起こります。



熱中症って風邪引きと何が違うの1



「血圧の低下」

「頻脈(脈の速い状態)」

「皮膚蒼白」

「多量の発汗」




などのショック症状が見られることもあります。





脱水と塩分などの電解質が失われて、末梢の循環
が悪くなり極度の脱力状態なのに、放置したり誤った
判断を行なえば重症化し重症へ移行する危険性が
あります。







強い口渇により水分だけを摂取すれぱ、ナトリウム
不足から熱痙攣と同じように筋の痙攣を起こします。





しかし、まだ発汗機能が残っていれば皮膚は湿潤し
体湿は40℃を越えません。





ですが、強い疲労感に加え進行すれぱ意識障害を
起こす危険性もあるので要注意です!






もし重症化すれば、


「意識障害」

「おかしな言動や行動」

「過呼吸」

「ショック症状」




などが起こります。





SponsordLink







高温下で、体内の熱産生が発汗や放射などによる
冷却機構を上回わり、休温調整が破綻した状態と
なるのです





体温が40℃を越えると細胞に機能障害が起き
42℃では数分で細胞機能は不可逆性になります。






診断や治療の遅れは、直ちに生命の危機につながる
ため緊急を要します。


熱中症の原因!?


熱中症の発症は、高温多湿環境に長時間晒される
ことが原因で。。。




特に


「乳幼児や高齢者」

「不眠」

「疲労」

「脱水」

「基礎疾患」



(高血圧、糖尿病、心疾患、アルコール中毒、貧血、
 甲状腺疾患、慢性閉塞性肺疾患など)



がある人では熱中症が発生しやすくなります。





人間の体は、皮膚からの放熱や発汗によって体温を
下げますが、外気が皮膚温以上の時や湿度が非常
に高いと放熱や発汗が出来にくくなり、熱中症を引き
起こします。






また基礎疾患のある高齢者や、


「肥満・糖尿病患者」

「アルコール依存症」




の患者は『熱射病』にも陥りやすいとされています。





異常な熱波に見舞われた年に、多くの高齢者に発生
したという報告や、泥酔してサウナで昏睡に陥った人、
車内に閉じこめられた幼児の報告もありますが。。。




通常は、灼熱環境下での運動や作業を無理に続けた
時に発生します。



熱中症って風邪引きと何が違うの2




一方、死に至ることもある最重症の熱射病には、


「素因(元々の体質)」



が関係するとする考え方があります。




さらに熱射病は、麻酔により異常な高体温となる


『悪性高熱症』



とその病態がよく似ている事にあります。





SponsordLink







ちなみに、悪性高熱症は骨格筋の筋小胞体に
おけるカルシウム代謝の異常が原因で、家系的
な素因もあることが証明されています。


熱中症の本当の原因は温暖化!?


温暖化が進むと、


「熱中症による死亡確率が2~5倍にもなる!」





夏の暑い時期に起きる身体の適応障害を熱中症
言いますが、地球温暖化に都市部での


『ヒートアイランド現象』

(都市部の気温が周辺部よりも高くなる現象)



が加わって、その発生の増加が近年社会的注目を
集めています。





このまま温暖化が進み、90年比で平均気温が4.8度
上がる
2100年までには、熱中症で死亡する危険性は
205倍になるとも予測されています。





また最近の統計により、学校でのスポーツ中の発生
だけでなく、労働現場や中高年での熱中症の発生が
多いことが認識されています。





重症型熱中症の死亡率は高く、30%以上にもなると・・・



重症型熱中症 イラスト



近年、あらゆるところで地球の温暖化が指摘されて
いますが、人間が生活する中で必要以上に二酸化
炭素などのガスを排出したため地球の平均気温が
上ってしまうという現象は、海面の上昇や異常気象
といった自然への影響だけでなく、人間自らへの
影響も出ています。





その証拠に、熱中症の発症数や死亡者数が毎年
増加していることも、温暖化によるものであると
言われていますね。






実際のところ、夏日が増えたり最高気温が上昇
することに伴い、熱中症の発症数も増加しています。






空調設備の室外機から排出される熱風や自動車
などによる排気ガスなど、多くの人間社会の排出
物が温暖化を確実に進めていますが。。。




その中でも、特に『ヒートアイランド』と言われる
都市部が異常に気温が上昇する現象が熱中症を
増加させているのです。




たとえば日本の首都である東京の場合、真夏日が
数十年前から比べると2倍近くに増えており、また
30℃以上を記録する時間も増加しています。



猛暑 イラスト



ちなみに過去のデータから、東京では気温が35℃
以上
になると、熱中症を発症する人が増えることが
指摘されています。




また、日没後の夜間においても25℃以上の熱帯夜が
増加しており、さらに発症者を増やす一因になってい
ます。





とにかく、東京はヒートアイランドの代表の都市
ひとつであると言われているのです。



東京 ヒートアイランド イラスト



また都市部の気温の上昇だけでなく、その影響に
よって周辺地域に豪雨や落雷なども招いています。





例えば、昔に比べて雨不足で渇水が続いたかと
思うと、集中豪雨がや季節外れの雷雨などが
あったり気圧も不安定になり、湿度へも影響を
与えています。





今後ますます温暖化は進むと言われているので、
都市部だけに限らず気温や湿度が上昇し、熱中症
を起こしやすい気候になるのは避けられないのかも
知れません。





  • Yahoo!ブックマークに登録する
  • はてなブックマークに登録する
  • livedoorクリップに登録する
  • newsingブックマークに登録する
  • del.icio.usブックマークに登録する
  • ニフティクリップに登録する
  • RSSを購読する

この記事へのコメント

トレンドワーク.com TOP » 健康・病気, 季節, 熱中症 » 熱中症って風邪引きと何が違うの?放っておくとどうなる?毎年死 亡確率が増えている!?