熱中症が増えだす夏!初期症状はどんな感じ?酷くなるとどうなるの? | トレンドワーク.com

熱中症が増えだす夏!初期症状はどんな感じ?酷くなるとどうなるの?


熱中症が増えだす夏!初期症状はどんな感じ? サム

日本では環境や社会が変化するにしたがって、
近年ニュースなどでよく耳にする事が多い熱中症

熱中症は、夏のカンカン照りの日差しの下で
激しい運動や作業を行なった時だけでなく、

身体がまだ暑さに慣れていない梅雨明けの
時期にもよくおこる症状でもあります。


また、外でだけ起こるのではなく、高温多湿
の室内でも
熱中症になってしまいます。

症状が重い時には、命を落とす危険性も出て
きてしまうので、正しい知識を知って予防する
ことが大切です。

熱中症には、熱けいれんや熱失神、熱疲労、
熱射病
などさまざまな症状があり、対処方法
も異なってきます。

SponsordLink





めまいやふらつきなど熱中症の初期症状だと
思ったら、涼しい木陰などで直ぐに休むべき
ですが・・・


もともと体調が悪くて頭痛や倦怠感がある方、
高齢者や乳幼児など、熱中症になっていても
気付かない可能性が高いそうです。


また熱で意識が混濁してきて、自分の状態が
どのようなものか判断できず、急に意識を失う
こともあるとのことです。


今回、まずは初期症状と症状がひどくなると
どうなるかを確認しましょう。


熱中症の初期症状!


熱中症にかかっても、早めに気付き適切な対応が
出来れば命に関わることはありません。




「熱中症かな?」


と疑うべき体の変化についてまとめます。




1.【口・唇が渇く】


体の水分バランスが崩れてくると、本当に水分が
必要なところに水が集まり始め、表面的な水分が
見られなくなります。



その為、口や唇が渇くような症状が起こります。




2.【汗が出ない】


上記に関連していますが、汗にする為の水分と
ミネラルが無いため汗を出して体を冷やす事が
出来なくなります。





SponsordLink







3.【頭が重い・痛い・めまい・吐き気】


体の中で血液がうまく回らなくなり、頭の血管が
詰まったように感じることがあります。




さらに頭痛やめまい、吐き気といった症状が起こり
始めることがあります。




4.【筋肉が攣る・痙攣する】


熱中症にかかると正常に体が機能しなくなるため、
筋肉が痙攣したり攣ったりします。


熱中症の重症度別にみる症状!


Ⅰ度【熱失神・熱けいれん】

(現場での応急処置で対応できる軽症)



熱中症の中でも、比較的軽症といわれる症状に
なります。



『熱失神』


熱失神はいわゆる「立ちくらみ」という症状で、数秒間
の短い失神がおこります。



運動が終わった直後によく起こると言われています。




短い失神は、脳への血流が一時的に不充分になった
ためにおこり、皮膚の血管が拡がるため血圧は低下
します。



顔面は青白くなり脈は速くなりますが、弱く打つよう
になると言われています。




失神のその他の症状として、呼吸回数が増加したり、
唇がしびれたり、めまいがしたりする
などが見られる
ことがあるとの事です。





『熱けいれん』


熱けいれんは筋肉の「こむら返り」の事で、突然ふくらはぎ
や足の裏の筋肉、または腹筋などがけいれんをおこして
激しく痛みがでる状態のことをいいます。



こむら返り イラスト



大量に汗をかいているにもかかわらず、塩分などの
電解質が入っていない水のみを補給したため、血液
の塩分(ナトリウム)濃度が低下するために起こると
言われています。




一部の筋肉にけいれんがみられ、全身がけいれんして
いるかは、まだこの段階では現れれないとの事です。





また、大量の発汗がこの段階ではみられるそうです。


Ⅱ度【熱疲労】

(病院への搬送を必要とする中等症)



熱疲労は熱中症のうちでも、中等度となります。



『熱疲労』


体内から水分が足りなくなってしまい、脱水による
脱力感倦怠感を感じたり、めまい頭痛吐き気
嘔吐



または失神などの症状がみられるとのことです。



失神 イラスト



このような場合は、すぐに水分と塩分の補給をする
ことが大切です。




また上記の一つの症状だけでなく、いくつかの症状が
重なり合って熱疲労が起こるといわれています。





脱水と塩分などの電解質が失われたため、手先や
足先など末端まで血液がめぐらなくなり、極度の
脱力状態
になってしまいます。




体がぐったりして、力が入らない状態がみられるそう
です。





血圧は低下し、脈が速くなります。

(1分間に100回を超えるような脈数ですと頻脈と言われ
 ています。)






この段階でも体を少しでも冷やそうとして、多量の発汗が
みられるとのことです。




次の段階のⅢ度へ移行する危険性もあるため、すぐに
涼しい場所に運び、衣服を緩めて足を高くして横になって
もらい、イオン飲料や経口補水液を補給しましょう。





それでも改善がみられない場合や水分を自分で摂取
できない場合は、近くのクリニックなどへ早急に連れて
いき、


「体を冷やす」

「点滴をして水分補給を行う」



などの、処置を行ってもらう必要が出てくるそうです。





SponsordLink







Ⅲ度【熱射病】

(入院して集中治療の必要性のある重症)



熱射病は、死の危険のある緊急事態だといわれています。



『熱射病』

(入院して集中治療の必要性のある重症)




熱射病は、死の危険のある緊急事態だと言われています。



体温を調節する機構が壊れてしまった命に非常に危険
な状態だそうです。




集中治療のある病院へ一刻も早く救急車などを使い、
運ぶことが必要だといわれています。





またこの時期は、いかに早く体温を少しでも下げて
意識を回復させるかが今後の状態を左右するため、
全身に水をかけるなどし身体を冷やす現場での処置
が非常に重要となります。





異常な高体温で38℃を超え、体を触っただけで熱く
感じる状態であるそうです。





体温が上昇しすぎたため中枢機能が異常になり、


「呼びかけや刺激への反応が不自然」

「おかしい言動をとる」

「意識がない」




等の意識障害をきたすと言われています。





この状態であると、全身の臓器が機能不全に陥り死に
至る可能性が高い非常に危険な状態とのことです。





多臓器が機能不全になると体内の血液がかたまり、



「脳」

「肺」

「肝臓」

「腎臓」



など、全身の臓器に障害を生じる状態になり重篤に
なるそうです。





熱中症は、軽症、中等症といっても短時間で急速に
Ⅲ度の熱射病になるなど重症化することがあります
ので、注意し観察し早めの対応をとることが大切だ
と言われています。


まとめ


熱中症が増え出す夏!




初期症状をよく確認し、早めに気付いて水分補給
など早めの対策をとりましょう。


↓↓こちらの記事もどうぞ↓↓

  • Yahoo!ブックマークに登録する
  • はてなブックマークに登録する
  • livedoorクリップに登録する
  • newsingブックマークに登録する
  • del.icio.usブックマークに登録する
  • ニフティクリップに登録する
  • RSSを購読する

この記事へのコメント

トレンドワーク.com TOP » 健康・病気, 季節, 熱中症 » 熱中症が増えだす夏!初期症状はどんな感じ?酷くなるとどうなるの?