夏のエアコンで冷房とドライの違いって何?体に与える影響は何が違う?最適な温度設定は? | トレンドワーク.com

夏のエアコンで冷房とドライの違いって何?体に与える影響は何が違う?最適な温度設定は?


夏のエアコンで冷房とドライの違いって何 サム

暑い夏を快適に乗り切るための必須アイテムと
言えば、エアコンですよね。

猛暑日の熱気がこもる我が家に帰宅して、
汗だくの中スイッチをオン。

涼しい風が出てきた瞬間の気持ちよさは、
言葉では言い表せないほどですよね。

ところで皆さんはエアコンの「冷房」
「ドライ」の使い分けってどうしてますか?

洗濯物を干すときにはドライがいいのかなぁ?

とか、

冷房って電気代高そうだから今日はドライで
しのぐか~・・・


なんて思って使い分けたりしてませんか?

SponsordLink




冷房とドライの違いってそもそも何なのでしょう?


電気代はどっちが安い!?


などなど、夏に毎日のように使うエアコンですが、
意外とその機能については知らないことが多い
のでは?


ということで、エアコンの「冷房」と「ドライ」
機能
について調べてみました。


それぞれの機能をうまく使って今年の夏は快適に
過ごしましょう!(笑)


冷房とドライの違いは?


エアコンの冷房機能ドライ(除湿)機能はそれぞれ
どういう機能で、どんなメリットやデメリットがある
のでしょうか?




調べてみましたのでご紹介しますね。


【冷房の主な機能について】


冷房は皆さんがイメージしている通り、暑い部屋の
熱い空気を冷やす機能です。



部屋の中の熱い空気を設定温度に下げるため、
吸い込んでは冷やして戻す、ということを繰り返
して温度をどんどん下げていくんです。


【ドライの機能について】


ムワッ、ベタベタ、不快指数が上がる湿気が多い
状態ってイヤですよね。



この状態を改善してくれるのが、除湿機能です。




どのような仕組みで除湿しているのでしょう?(゚ペ)?




空気は、水を含んでいます。



この水分量は、温度によって変わることをご存知で
しょうか?




空気の温度が高いほど多く水分を含むことができる
んですよ。




暑くなってくると、ムワッとした湿気を感じるのは
そのためなんです。




この空気の性質を上手く利用したのが、エアコンの
除湿機能。





空気を冷やすことで空気中の水分を放出させ、それを
屋外に排出させているのです。




そして、冷えることで水分量の少なくなった空気を再び
部屋の中に戻す。




これを繰り返すことで、お部屋の湿気をどんどん減ら
していくんです。∈( ̄o ̄)∋ ホーッ




もぅお気付きでしょうが、エアコンの冷房機能を上手く
利用していますよね。(゚д゚)(。_。)ウン!





SponsordLink







通常エアコンの除湿機能は、「弱冷房除湿」と呼ばれ
ます。




読んで字のごとく、弱~い冷房状態で運転させながら
除湿を行っている機能です。




ですから『除湿モード』にしても、ちゃんと部屋の空気も
冷やされるんですよ。




ところが、このような除湿機能にも問題点が・・・




それは、梅雨時期など、もともと気温があまり高くなく、
湿度がとても高い場合は除湿をするために空気を冷
やすわけですから、除湿と同時に部屋が冷えすぎて
しまうと言う欠点
があるんですね。



夏のエアコンで冷房とドライの違いって何2



気温があまり高くない状態で、


「不快なジメジメを除湿でなんとかしたい!」


と思ってドライ運転をすると、なんだか肌寒いわぁと
感じる時がありませんか?




それが弱冷房除湿の特徴なんですね。




そこで、弱冷房除湿のこれらの弱点を補ってくれる
のが、『再熱除湿』という方式なんです。



最近の新しいエアコンには搭載されている除湿
方式で、これは簡単に言うと除湿のために一旦
空気を冷やして、冷え過ぎた空気をちょうどいい
温度まで暖めてから部屋に戻す機能なんです。




こうすることで除湿効果を高めつつ、梅雨時期や
夜寝る時などあまり気温が高くない時期でも部屋
が冷えすぎないと言うメリットがあります。



夏のエアコンで冷房とドライの違いって何1



エアコンもどんどん進化しているんですね!


電気代は?


ここまで冷房と除湿(ドライ)の機能を比較してきま
したが。。。




さて、気になる電気代はどうなのでしょうか。ヽ(~~~ )ノ ハテ?




設定温度24度での1時間あたりの電気代を比べ
てみました。




冷房:約11円


ドライ(弱冷房除湿):約4円


ドライ(再熱除湿):約15円




となりました。




従来のドライ(弱冷房除湿)がやはり一番安い結果に
なりましたね。(*゚▽゚)ノ





SponsordLink







ところが、最近搭載されたドライ(再熱除湿)は冷房
よりも電気代が高く
なることがわかりますよね。





再熱除湿はしっかり湿度を下げて、必要以上に冷え
すぎないという、とても素晴らしい機能がある反面、
電気代が一番高くついてしまうというデメリットも
ありました。


冷房とドライの使い分け方法は?


さて、冷房とドライ運転について調べてみましたが、
結局どちらが暑い夏を過ごすのにピッタリなので
しょうか?





まず帰宅後やお風呂から上がった後など、


「とにかく早く部屋を涼しくしたい!」



という時には迷わず「冷房」




そしてある程度冷えてきたら、「ドライ」運転に切り
替えて、カラッとした部屋で長時間過ごすというの
がオススメです。







これは、節電を考えたときに非常に有効な使い方
なんですが、やはりエアコンの除湿機能が


「弱冷房除湿」


の場合に限ります。




再熱除湿方式のエアコンだと、冷房から除湿に切り
替えると逆に電気代が高くなってしまうので注意が
必要です。





再熱除湿方式のエアコンの場合、電気代を気にされ
る方は冷房運転をメインにしたほうがいいでしょう。




その際、設定温度は2728度の高めがおすすめです。



夏のエアコンで冷房とドライの違いって何3



どうしても湿度が高くジメジメして不快な時は、たまに
除湿もしてあげるとよいでしょう。




また、夜間は電気代も安いので再熱除湿であれば
部屋が冷えすぎることなく除湿もしっかりしてくれる
ので、快適に眠れること間違いなしです。




夜、どうしても暑くてジメジメして寝苦しい方は除湿の
エアコンを選ぶのがいいかもしれませんね。




皆さんもまずは、ご自宅のエアコンがどんな除湿方法を
採用しているのか調べてみて、今年の夏はどんな風に
冷房とドライを使い分けるか考えてみると楽しそうですね。



ぜひ参考にしてみて下さい。ヽ(*^^*)ノ




  • Yahoo!ブックマークに登録する
  • はてなブックマークに登録する
  • livedoorクリップに登録する
  • newsingブックマークに登録する
  • del.icio.usブックマークに登録する
  • ニフティクリップに登録する
  • RSSを購読する

この記事へのコメント

トレンドワーク.com TOP » エアコン・暖房・節電, 季節 » 夏のエアコンで冷房とドライの違いって何?体に与える影響は何が違う?最適な温度設定は?