梅雨時期の嫌な湿気!湿気対策で良い方法は?洗濯物の乾かし方の裏技なんてあるの? | トレンドワーク.com

梅雨時期の嫌な湿気!湿気対策で良い方法は?洗濯物の乾かし方の裏技なんてあるの?


梅雨時期の嫌な湿気!湿気対策で良い方法は サム

春になり、心地よい時期を過ぎるとやってくる
あのジメジメ

梅雨時はカビが生えたり、何だか体中がベタベタ
したり、梅雨の時期はもう髪の毛が言うことを聞か
ない!

そんな嫌なイメージの多い梅雨ですが、少しでも
快適に暮らしたいしカビも生やしたくない!!

SponsordLink





そこで今回は、梅雨の湿気対策と洗濯物の乾かし方
についてご紹介していきます。


梅雨の時期の湿気対策は?


梅雨時で、更に雨が降っているときの外の湿度は
80~90%もあるって知ってました?





そんな時、家でも湿度は50%を超えているようです。(* ̄□ ̄*;





湿度が50%を過ぎると、ダニやカビ菌が繁殖しやすく
なりますので、何とか50%未満には湿度を抑えたい
ところ。。。





家庭内で行っている人が一番多い湿度対策といえば、
エアコンのドライ機能をつけたり、除湿機に頼る事
しょうか?



エアコン ドライ 除湿器 イラスト



梅雨時や夏場でジメジメしているとき、エアコンの
ドライ機能をつけた瞬間て、とっても快適ですよね。(゚д゚)(。_。)ウン!





しかし、コスト面を考えると毎日はちょっと気が引け
るかも?





「お金を使わずに何とか除湿する方法はないの?」





そんな声が聞こえてきそうですね。




そんな方には次の方法をお勧めします。




【ペットボトル+扇風機】


まずペットボトルに8分目程の水を入れ凍らせます。




これを湿気の気になる場所に受け皿を下に敷き置い
ておきます。




しばらく時間が経つと、ペットボトルの周りに水滴が
付きだし、それが流れ、時間とともに受け皿に流れ
水が溜まっていきます。




これは、空気中の水分が冷えて水滴に戻った証拠です。




『空気中の水分が水滴に戻る⇒空気中の水分が減る
 ⇒除湿効果がある。』





という訳ですね。



凍らせたペットボトルに向けて扇風機をかけるとより
効果が倍増しますので、手っ取り早く除湿を行いたい
時は是非こちらもお試しください。





【新聞紙】


これは有名なので、ご存知の方も多いですよね。(笑)




新聞紙を、すのこの下に敷き押し入れに入れたり、
丸めて靴箱に入れる方法です。




新聞紙が空気中の水分を吸うことで除湿効果が期待
できます。



梅雨時期の嫌な湿気!湿気対策で良い方法は1




新聞紙を持って、カサカサ音がしなくなったら湿気が
取れた証拠です。





これを交換の目安と考えましょう。(o^∇^o)ノ





【竹炭】


湿気取りに木炭が使われることは、知っている人も多い
かと思いますが、竹炭にも同様の効果があります。





竹炭はどこにでも置けるのが利点。




導入する時に多少のコストはありますけど、煮沸したり
乾燥させることで半永久的に使用できるところがお勧め
です。





SponsordLink







【重曹】


料理や掃除、洗濯まで幅広く使える万能アイテムと言えば、
「重曹」が真っ先に思いつくのではないでしょうか?



それが何と、湿気取りまで出来るんです!




すごいですよね。




使い方もとっても簡単!





空き容器に重曹を入れ置いておくだけです。




100円均一などの、おしゃれな瓶などに入れ置いておくと、
素敵なインテリアにもなりますね。\(^▽^)/


洗濯物の乾かし方の裏技なんてあるの?


【バスタオルを使う】


乾いたバスタオルを用意します。



そのバスタオルに濡れた洗濯物を広げて挟みます




洗濯物を挟んだバスタオルに上部から圧力をかけます。




手で押したり、足で踏んでもいいでしょう。





とにかく、できるだけの水分をバスタオルに吸い取らせる
ようにします。




バスタオルが湿気ってしまったら、新しいバスタオルに
変えて繰り返します。




その後、ハンガーなどに吊るしておくと想像以上に早く
乾いてしまいます。





湿気ったバスタオルが増えるという難点はありますが、
時間短縮には簡単で効果的です。





SponsordLink







【ドライヤーと袋を使う】


ドライヤーとビニール袋か紙袋を用意します。




ビニール袋の場合は、底のカドの部分を2ヶ所カット
しておきます。




紙袋の場合は蒸発した水分が紙に吸収されますが、
ビニール袋の場合は内部に水滴がついてしまうので、
ビニール袋に穴をあけて湿気った空気を外へ逃すよう
にします。





袋の中に乾かしたい洗濯物を入れ、ドライヤーで熱風を
送ります。




ドライヤーの風が洗濯物全体に行き渡るよう、時々袋を
揺らすと効果的です。




Tシャツ5枚くらいなら、10分程度でふんわりと乾きます。




この方法ならドライヤーのあるホテルなどでも応用できる
ので、覚えておくと便利です。





【ドライヤーとハンガーを使う】


ドライヤーとハンガーを用意します。




薄めのシャツ等の場合、ハンガーに洗濯物をかけて直接
ドライヤーで乾かします。




まるでアイロンをかけたように、シワがよらず美しく仕上
がります。





厚めののジーパンなどを乾かす場合には、ジーパンが
筒状になるように丸く干し、上下からドライヤーを使います。





扇風機などが使える季節には、下から洗濯物に直接風が
あたるようにすれば、より早く乾きます。


まとめ


毎年必ず訪れる梅雨ですが、上手に付き合うことで
少しでも快適に過ごせるようにしたいものですね。ヾ(=^▽^=)ノ



  • Yahoo!ブックマークに登録する
  • はてなブックマークに登録する
  • livedoorクリップに登録する
  • newsingブックマークに登録する
  • del.icio.usブックマークに登録する
  • ニフティクリップに登録する
  • RSSを購読する

この記事へのコメント

トレンドワーク.com TOP » 季節 » 梅雨時期の嫌な湿気!湿気対策で良い方法は?洗濯物の乾かし方の裏技なんてあるの?