梅雨の時期に食中毒になりやすい食べ物って何?もし食べるならどう調理すれば良い? | トレンドワーク.com

梅雨の時期に食中毒になりやすい食べ物って何?もし食べるならどう調理すれば良い?


梅雨の時期に食中毒になりやすい食べ物って何 サム

毎日の家族の食卓を彩るお料理。

子育てに頑張っているママや、仕事と家庭を
両立している奥様たちは、限られた時間と戦い
ながらも色々と工夫を重ねておられると思います。

そんな中、春先から梅雨、そして夏と暑い時期
料理をしていて気を付けなければならないこと・・・

それは、食中毒ですね。

SponsordLink





気を付けながらの調理に、日々努められていると
思いますが、今日はそんな奥様たちのために知って
おいて絶対に損はない情報をお届けします。


食中毒になりやすい食べ物って何?


食中毒を起こしやすい食品としては、生鮮食品
第一にあげられます。




肉類魚介類、およびその加工品などで、
特に加熱していない料理に多くみられます。




と、これだけ書いても参考にならないと思います
ので、まずはこれらの食材から感染する細菌に
ついて紹介します。


『サルモネラ菌』


食肉の汚染率20~30%といわれ、鶏卵の
汚染率が増しています。



梅雨の時期に食中毒になりやすい食べ物って何1



(原因食品)

牛、豚、鶏などの食肉・卵類。


(対策)

・肉類や卵は加熱調理し、生肉は食べない。

・卵を保管するときは1個1個を離して保管する。

・ネズミ・ゴキブリ駆除を行う。


『カンピロバクター』

主に食肉を介した食中毒を起こし、低温でも菌が
生存します。


(原因食品)

食肉やその加工品(特に鶏肉)。

牛乳や飲料水。


(対策)

・肉類は加熱調理し、飲料水も煮沸殺菌する。

・生肉と調理済み肉類を分けて保存する。





SponsordLink







『腸炎ビブリオ』


1~8%の塩分濃度で増殖するため、海水が格好の
住みかとなっています。


水温が15度を超えると増殖します。


(原因食品)

夏場の魚介類、とくに生で食べる刺身や寿司。


(対策)

・魚介類は、低温管理する。

・魚介類は真水で洗い、できるだけ加熱調理する。

・魚介類と他の食品との接触をさける。


もし食べるならどう調理すれば良い?


食中毒の予防法としてまず初めに思いつくのは、
食品を加熱することだと思います。




これは菌によって有効な場合と、そうでない場合が
あります。




● 過熱による予防が出来る菌


『ボツリヌス菌』

『ウェルシュ菌』

『腸炎ビブリオ』

『サルモネラ菌』

『大腸菌』






● 過熱による予防が出来ない菌


『ブドウ球菌』

『フグ毒』

『毒キノコ』






このように見てみると、過熱によって予防できる菌が
多いことが分かります。





しかし、ブドウ球菌だけは加熱による予防が出来ま
せん。(-_-;ウーン





SponsordLink







では、どのようにして防げばいいのでしょうか?





ブドウ球菌は健康な人の皮膚などにも存在しますが、
特に調理する人の手に傷や湿疹があって傷口が化膿
している場合は食品を汚染する可能性が高くなります。




このような場合には調理は避けましょう。




これ以外には、


● 調理する人はしっかりと手を洗い殺菌する。

● 食品の保存は低温保存する。

● 調理器具の洗浄殺菌をしっかりと行う。

● 調理後は出来るだけ早く食べる。





このようなことに気を付ければ大丈夫です。ヽ(*^^*)ノ




夏場は作り置きなども避ける方がベストですね。





また牛乳などの乳製品、卵製品、肉やハムなどの
加工品、穀類とその加工品(おにぎりやお弁当)。





他にも、ちくわ、かまぼこ、など調理する時に素手で
扱うものは食中毒の原因に多いそうです。(・・;)



梅雨の時期に食中毒になりやすい食べ物って何2




ブドウ球菌の食中毒




その原因となりやすい食品として覚えておきましょう。





そして、夏のお弁当などは細心の注意を払わなければ
ならないと言う事です!





お弁当にしてもって外出することの多いおにぎりも、
ラップを使うなどして直にご飯に触れないで握るの
が良いですね。





おかずが冷めないうちに弁当箱に蓋をしてしまうと、
湿気がこもり菌が繁殖しやすくなるので、しっかり
冷ましてからふたを閉めることも大切です。



梅雨の時期に食中毒になりやすい食べ物って何3



保冷BAG保冷剤などを活用して、弁当箱を出来る
だけ低温に保つことも有効なので積極的に活用しましょう。


まとめ


今まで何となく


「加熱すれば大丈夫かなぁ!?」



など変な臭いがしなければ大丈夫とか、そのあたりの
配慮のみで調理をしてきた方も多いのではないでしょうか?





私自身もそうだったのですが、食中毒は正しい知識を
持つことで充分に防げるので、これからは今まで以上に
気を付けていこうと思います。





  • Yahoo!ブックマークに登録する
  • はてなブックマークに登録する
  • livedoorクリップに登録する
  • newsingブックマークに登録する
  • del.icio.usブックマークに登録する
  • ニフティクリップに登録する
  • RSSを購読する

この記事へのコメント

トレンドワーク.com TOP » 健康・病気, 季節 » 梅雨の時期に食中毒になりやすい食べ物って何?もし食べるならどう調理すれば良い?