春から夏に向けての衣替え時期はいつ頃が良い?収納に注意点はあるの? | トレンドワーク.com

春から夏に向けての衣替え時期はいつ頃が良い?収納に注意点はあるの?


春から夏に向けての衣替え時期はいつ頃が良い サム

暑い夏の時期が近づいてくると、

「そろそろ衣替えをしなくちゃ!」

なんて考え出す時期ですよね。

しかし、早すぎると少し寒い日に困ってしまいますし、
遅すぎると暖かい日に慌てることになってしまいます。

毎年の事ですが、なかなか難しいですね。

そこで今回は、春夏のオススメ衣替え時期とコツを
ご紹介したいと思います。

SponsordLink





衣替えはいつ頃するのが良い!?


衣替えは、まず何回かに分けて行うのがオススメです。





理由は、一気に衣替えをしてしまうと急に寒くなった時に
対応できなかったり、時間がかかってしまうためです。






それでは、何回かに分けた場合のオススメ衣替え時期を
紹介しますね。






【1回目】 3月~4月上旬


少し暖かくなってくる、3月~4月中に一回目の衣替えを
行います。





ここの衣替えで行うことは、



・ダウンや厚手の冬服をしまう

・春服、スプリングコートを出す

・冬用の靴を片付ける

・いらない冬服を処分する




などです。





まだまだ寒い日があるので、薄手の冬服やカーディガンは
タンスの中に残しておきます。





【2回目】 5月後半~6月1日


夏服の衣替えは、5月後半~6月1日までに行うのが良いと
言われています。





この時期に行うのは、



・夏服を出す

・残りの冬服をしまう




です。




まだまだ夏服だと肌寒い時が多いので、薄手の春服や
カーディガンは残しておきます。





SponsordLink







【3回目】 7月頃(タンスをスッキリさせたい方用)


前出しした2回の衣替えでも良いですが、タンスをスッキリ
させたい方は7月頃の暑くなった時期に春服をしまいましょう。





3回目の衣替えで行う事は、



・春服をしまう

・真夏用の服を出す




です。



衣替え タンス スッキリ イラスト



3回に分けると、1回ごとの衣替えがだいぶ短時間で
済み、タンスも必要なものだけが出ている形になる
ためスッキリしますね。(o^-‘)b グッ!


気温と衣替えの目安!


お住いの場所によっては、衣替えの時期が少し前後する
と思います。





また、冷夏や猛暑でも衣替えの時期が変わってきますね。





衣替えの目安になる気温は、



・春服を出すのが15度を超えた頃

・夏服を出すのが25度を超えた頃




がオススメです。(o^∇^o)ノ





SponsordLink







収納のコツ!


【臨時収納スペースを用意する】


肌寒い日、暖かい日、春は少しわがままな気温が繰り
返されます。





衣替えだからと言って冬服を全て収納してしまうと、
肌寒い日の外出は大変!






そうならないためにも、長袖のインナーやセーター
などをいつでも取り出せる「臨時収納スペース」
用意しておくのがオススメです。






特に中身が見える収納ケースは、どこにどんなものが
入っているのかがわかりやすいため、臨時収納に向い
ています。







また、何段かに分かれているケースの利用も洗濯済みで
すぐに衣替えができるものと、洗濯やクリーニングが必要な
ものとに分別できるので非常に便利です。





【少しずつ収納していく】


徐々に暖かくなり始めたら、そろそろ衣替えの準備を
しましょう。





しまう順番としては、厚手の物から!






念のため、薄手のセーターや上から羽織るものなどは、
すぐに取り出せるように先ほどの臨時収納スペースに
残しておきましょう。






ちなみに、衣替えの目安は『天気・気温』が安定する
「春分の日」の前後、3月20日~3月21日頃






冬服をしまいつつ、春から夏に向けた薄手の衣類に変え
ていくのが理想です。





【気を付けたい収納時の注意点!】


まず、冬服を収納する時の注意点としては、



・きちんと洗濯

・クリーニング




をしてからと言うことです。






「1回しか着てないから、そのまましまっちゃえっ!」





なんて春先のセーターにありがちですよね。






しかし、1回着ただけでも汗や垢などの目に見えない
汚れや、食べかすが付着していることがあります。






これらは虫の大好物なので、洗濯しないで収納して
しまうと、シミや黄ばみ、虫食いの原因ともなります。





そうならないようう、きちんと洗ってから収納しましょう。






さらに、収納時の防虫剤の扱いにも注意が必要です。






例えば、衣類の下に防虫剤を置くという方法。





実はこれ、「効き目が半減する」と言っても過言では
ない使い方なのです。






と言うのも、防虫剤に使用されている成分は空気よりも
重いため、衣類の下に置いてしまうと成分が全体に行き
渡らず、その効果も得られません。






また、標準使用量より多めに入れることもNG!






効果が強化されそうですが、有効成分が結晶化してしまう
など、かえって汚れやシミの原因となってしまいます。






使用する防虫剤の説明をもう一度よく読み、用法、用量
守るようにされた方が良いですね。。






あとプラス、そこへ乾燥剤を入れるとカビや嫌な臭いを
防いでくれます。






まだ何年も着たい衣類は、大切に保管すればするほど
長持ちしますよ。(笑)




  • Yahoo!ブックマークに登録する
  • はてなブックマークに登録する
  • livedoorクリップに登録する
  • newsingブックマークに登録する
  • del.icio.usブックマークに登録する
  • ニフティクリップに登録する
  • RSSを購読する

この記事へのコメント

トレンドワーク.com TOP » 季節 » 春から夏に向けての衣替え時期はいつ頃が良い?収納に注意点はあるの?