子供が手足口病にかかった場合の症状は?子供が感染する多いケースは何?予防対策はあるの? | トレンドワーク.com

子供が手足口病にかかった場合の症状は?子供が感染する多いケースは何?予防対策はあるの?


子供が手足口病にかかった場合の症状は サム

手足口病は、「軽い症状で済む」「自然に治る」と言う
イメージを持つ方は実際とても多いです。

また、手足口病の症状が出ても

「子供に病院を受診させないで自然に直るのを待つ!」

と言う方針のママも多いと聞きます。

確かに、症状は軽く自然に治る事が多いのは事実ですが・・・

SponsordLink





しかし、手足口病によって命を落とすケースも稀に
あるのです。


手足口病の症状や感染経路、予防対策を知ることで
手足口病と上手に付き合いましょう。


子供がかかった場合の手足口病の症状は?


手足口病の症状にはどんな特徴があるのでしょうか?





軽症で済む事が多いと言われますが、痛みや苦痛は
ないのでしょうか?





この節では、手足口病の主な症状を5つ紹介します






1.『発熱』


手足口病の初期症状は、風邪の初期症状と似ています。





手足口病の発症初期には、発熱が3割程度の患者に
見られると言われています。





熱は38℃以下の微熱である場合が多く、長引くことも
ありませんが、稀に40℃近くの高熱が出るケースもあります。(_□_;)!!



子供が手足口病にかかった場合の症状は1





2.『喉が痛い』


手足口病の初期症状には、発熱に加えて喉の痛みを
訴えることが多いです。





喉の痛みにより、食欲の低下がみられることもあります。





この症状は、ヘルパンギーナという咽頭に水疱のできる
病気の症状と非常によく似ていますが、ヘルパンギーナの
場合、手や足に水疱ができることはないので区別しやすいです。





3.『水疱が手・足・口に出る』


手足口病では、はじめに熱が2日くらい続いた後に発疹が
出現します。






この発疹は、口の中や手のひら、肘、足の裏、膝、お尻など、
体のいろいろな場所にできます。





発疹は、水疱を伴った2~5mmの小さなブツブツで、大抵の
場合5~7日間ほどで消失することがほとんどです。






また水疱は、「かさぶたにならずに治る」という特徴があります。






ある報告では、原因となるウイルスが「コクサッキーA群6型」
場合に大きめの水疱ができる事や、水疱のできる場所が少し違う
と言われています。






そして、発症して数週間で爪が剥がれると言う症状が起きる
場合があります。Σ(゚口゚;





4.『発疹(水疱)が痒い・痛い』


小児が手足口病で手や足にできた発疹は、痛くも痒くもない
若しくは、少しの痒みを伴う程度です。





口の中にできた水疱は、破れると糜爛(びらん)や潰瘍になり
痛みを伴います。





この口内炎は痛みが強く、食事や飲水、唾を飲み込む時にも
痛みを生じさせます。





SponsordLink







5.『下痢や嘔吐』


手足口病の症状で、下痢が起こる事が時々あります。





それは、手足口病を引き起こしているエンテロウイルスは、
腸で増殖するウイルスだからです。





そのため消化器症状、特に下痢を伴う事があるのです。





しかし、下痢症状が酷くなる事はありません!






また、嘔吐や頭痛などがあり、症状が続く場合には
髄膜炎や心臓炎などの合併症が併発していることも
あると言われています。(゚∇゚ ;)エッ!?





このような症状がある場合には、早めに医師に相談
した方が良いでしょう。


子供が感染する多いケースは何?


手足口病の原因となっているのはウイルスですが、
それらのウイルスはどのようにして感染するので
しょうか?






この節では、手足口病の感染経路に注目してその
感染原因を紹介します。





1.「咳やくしゃみによってウイルスに感染する」


手足口病の感染経路の一つに、飛沫感染があると
言われています。





飛沫感染というのは、患者の口の中や気道粘膜に
あるウイルスが咳やくしゃみによって広がり、人に
感染することを言います。



くしゃみ 感染 イラスト



手足口病の原因となっているエンテロウイルスは、
感染者の気道に排出されると言われているため、
鼻水や唾液、気道粘液が感染の原因となるので、
流行時には咳やくしゃみからの感染に注意する
ことが必要です。





2.「ウイルスに直接触れることによりウイルスに感染する」


接触感染が手足口病の感染経路になる場合が
あります。




接触感染と言うの病原体に直接触れる事により、
それが気道粘膜に付着する事で、その病原体に
感染するということを指します。





手足口病でできる水疱の中には、大量のウイルスが
含まれていると言われています。





ですから、感染した人が水疱を掻き壊してしまい、
その手で色々なところに触れることで、感染が広が
ることもあります。





手足口病が集団感染を起こすケースでは、保育園や
幼稚園が最も多いです。






その背景には、子供同士の至近距離での触れ合いが
関係していると言われています。





また、乳幼児はウイルスが付着しているかもしれない
テーブルや椅子、人が触ったおもちゃなどを知らずに
舐めてしまうことなどが、感染の原因となっています。“o(-_-;*) ウゥム…





SponsordLink







3.「便の中に含まれるウイルによって感染する」


手足口病の感染経路で最も注意が必要なのは、糞口感染
だと言われています。





患者の便の中に含まれいる病原体が、何らかの原因で
口に入ってしまい、病原体に感染してしまう事を言います。





特に、手足口病の好発年齢とされている2歳以下の乳幼児
では、オムツ交換時にウイルスが手に付着し、その手で
家具に触れたり他の子のオムツ交換をしたりなどする事で、
いつのまにか感染が広がってしまうケースがあります。





また、手足口病の原因となるウイルスは病気が治った後も
1ヶ月以上の長期に渡り
、便の中にウイルスを排出すると
言われています。




この点でも、排泄物の処理が感染の原因になることが多い
です。


予防対策はあるの?


手足口病には、有効な予防ワクチンがありません。




ですから、普段の生活の中で感染を阻止する事が
予防の中心になります。





もし手足口病にかかってしまったら。。。





家族や周りの人に、感染を広げないようにする事も
大切だと言えるでしょう。





この節では、予防対策についてご紹介します。





1.「咳エチケットを守る」


手足口病は、咳やくしゃみによって人から人に感染
します。





ですから、咳エチケットを心掛ける事でウイルスの
感染を予防できます。






「咳エチケット」というのは、厚生労働省が推進して
いるウイルス感染の予防法の一つです。



咳エチケット イラスト



主に、インフルエンザの流行拡大を阻止する目的で
言われることが多いですが、手足口病も飛沫感染する
ウイルス感染症なので、大いに参考にできるでしょう。





【咳エチケットのポイント】


①咳やくしゃみをする時には、飛沫が人にかからない
ようにする。




ティッシュで鼻や口を押えたり、唾や粘液が直接かか
らない様に、1メートル以上の距離をとるようにすすめ
られています。




②使用済みのティッシュはすぐに蓋つきごみ箱に捨てる。




鼻水や痰で汚染されたティッシュからウイルスが拡散
しないようにする。




③咳が出るときにはマスクをする。


医療用マスクが最も効果的だが、市販のものでもある
程度効果がある。




④マスクは使用方法を守って着用する。





2.「手洗いを徹底する」


手足口病では、長期に渡りウイルスが便から排出される
と言われています。




ですから、排泄物の処理をきちんとすることが必要に
なるでしょう。





特に乳幼児のオムツ交換の後には、手洗いをしっかりと
することが大切です。
(゚ー゚)(。_。)ウンウン





手洗いでは、流水を使用して手についたウイルスをしっかり
洗い流します。





また、手足口病の排泄物の処理には、ゴム手袋を使用する
ことがすすめられています。



ゴム手袋使用 イラスト





3.「塩素系消毒薬の使用は効果がある」


一般的に、エンベロープ膜があるウイルスの場合には、
石鹸やアルコール消毒がウイルスを破壊しやすい
言われています。




しかし、手足口病の原因となっているエンテロウイルスは、
エンベロープという膜を持っていないという特徴があります。





ですから、アルコールを含んだ消毒薬や石鹸に対して
抵抗力を示し、除菌効果を発揮しにくいと言われています。





エンテロウイルスには、塩素系の消毒薬が有効とされ、
手すりや幼児のおもちゃなどの塩素を含んだ液体で
消毒することも感染予防に有効でしょう。





4.「登園・登校を考慮する」


手足口病で発熱がある場合には、登園・登校を控えますが、
熱が下がれば、登園・登校を自由にしていいという医師は
多いです。





手足口病は、鼻水から2週間以上ウイルスを排出すると言わ
れていますが、感染の拡大を防ぐためと言って患者を長期に
隔離をすることは、あまりすすめられていません。





しかし、手足口病で発疹がたくさん出ている児童が登園・登校
をすることに抵抗を感じる父兄もいます。





手足口病にかかった時の登園や登校は、通っている幼稚園や
学校の指導に基づいて考慮すると良いかもしれません。





5「.免疫力をつける」


体の免疫力が弱るとウイルスに感染しやすくなると言わ
れています。




子供だけでなく大人も、病気に対する抵抗力を落とさない
様に心掛けることが大切でしょう。





風邪などの感染の予防には、抵抗力を保つための日ごろの
習慣が関係しています。





偏食を避け、栄養をバランスよく取る事や睡眠をしっかり
とる事、適度な運動で体力を維持する事
などがすすめられ
ています。



  • Yahoo!ブックマークに登録する
  • はてなブックマークに登録する
  • livedoorクリップに登録する
  • newsingブックマークに登録する
  • del.icio.usブックマークに登録する
  • ニフティクリップに登録する
  • RSSを購読する

この記事へのコメント

トレンドワーク.com TOP » 健康・病気 » 子供が手足口病にかかった場合の症状は?子供が感染する多いケースは何?予防対策はあるの?