じゃがいもの芽に発ガン性物質が含まれているってホント?もし食べたらどうなる?じゃがいもの安全性は? | トレンドワーク.com

じゃがいもの芽に発ガン性物質が含まれているってホント?もし食べたらどうなる?じゃがいもの安全性は?


じゃがいもの芽に発ガン性物質が含まれているってホント サム

じゃがいもには、「ビタミンC」などの
栄養があり、身体に良い食材です。

しかし、じゃがいもの芽に発ガン性
物質
が含まれている情報もあります。

SponsordLink



これって、本当なのでしょうか。

もし食べてしまった場合、何か
身体に異常が出るのか。

また、そのじゃがいもの安全性
は大丈夫なのか
など、まとめて
みました。


じゃがいもの芽に発ガン性物質が含まれているってホント?


私達は、じゃがいもの芽まで正しい知識を
持っていないという場合が多いようです。


じゃがいもって放置しておけば、どんどん
芽が成長してしまうものですよね。


そのじゃがいもの芽には、

「ソラニン」

「チャコニン」


という天然毒素の一種が含まれています。


じゃがいもの芽に発ガン性物質が含まれているってホント1


やや緑がかった皮部分にも、このような
成分が含まれているといわれています
ので、注意する必要があります。


私達は、天然毒と向きあう機会も余りない
ので、

「心配なし!」

という認識を持ってしまうかもしれませんが、
決してそうではありません。


フグやキノコなどにも、そのようなものが
含まれていることは、既に多くの人たち
が知っています。



SponsordLink





しかしスーパーマーケットには、そのような
商品が販売されている事はありませんので、
安全という認識をしてしまっているかもしれ
ません。


ですが、じゃがいもは例外と考えた方が
良いでしょう。


摂取すると食中毒を起こす危険性


最悪の場合、命を落とす可能性だって
出てきます。


じゃがいもの芽に発ガン性物質が含まれているってホント1-2


少しだけ摂取というのなら、それほど心配
する必要はないでしょうけど、大量摂取は
注意する必要があります。


もし食べたらどうなる?


先程もお話ししましたが、じゃがいもの中
でも、特に「ソラニン」「チャコニン」など
の自然毒が多く含まれる部分があります。


それは芽の部分であり、芽の周辺や皮が
薄い黄緑から緑になった物
にも注意する
必要があります。


じゃがいもの芽に発ガン性物質が含まれているってホント2


特に、未熟なじゃがいもにも注意が必要です。


更に、地中の浅い部分にあった物もリスク
が高いといわれています。


じゃがいもの安全性は?


まず皆さんは、じゃがいもはリスクがあると
いうことを知り、そのリスクを避ける正しい
食べ方をする必要があります。


じゃがいもに含まれる天然毒の摂取を
控えるには、毒性の強い部分を取り除く
のが正解
です。



SponsordLink





芽だけを取り除けば良いというわけでは
なく、周辺も毒性が強いので広くえぐる
ように取るという姿勢が必要があります。


じゃがいもの芽に発ガン性物質が含まれているってホント3


じゃがいもの皮は、全体的に毒性が強い
場合が多いので、剥いて食べると安心でしょう。


毒性の強い緑色の皮の場合は、 かなり厚く
剥くという姿勢を持つ必要があります。


「ソラニン」や「チャコニン」は、加熱で分解
されることはありません



それよりも、水にさらすといった下処理する
という方法の方が有効的
といわれています。


これは水に弱い性質があるので、さらす事
である一定量の毒素が水に排出されると
いわれています。


じゃがいもの芽に発ガン性物質が含まれているってホント3-2


いかがでしょう。


じゃがいもの芽の成長や皮の変色には、
光の光合成が大きく関係していることは
分かりますよね。


自宅で保存する場合、日の当たらない
冷暗所などがおすすめです。










↓↓こちらの記事もどうぞ↓↓

  • Yahoo!ブックマークに登録する
  • はてなブックマークに登録する
  • livedoorクリップに登録する
  • newsingブックマークに登録する
  • del.icio.usブックマークに登録する
  • ニフティクリップに登録する
  • RSSを購読する

この記事へのコメント

トレンドワーク.com TOP » マナー・ハウツー » じゃがいもの芽に発ガン性物質が含まれているってホント?もし食べたらどうなる?じゃがいもの安全性は?