人参の栄養価!身体に良い効果や効能は?一日の摂取量の目安は?摂り過ぎるとどうなる? | トレンドワーク.com

人参の栄養価!身体に良い効果や効能は?一日の摂取量の目安は?摂り過ぎるとどうなる?


人参の栄養価!身体に良い効果や効能は サム

時として、新しい野菜が登場すれば、
何となく彩りも良かったりしますよね。

それにスタイリッシュだから、栄養も
分からないで使用するケースはある
でしょう。

しかし、人参は古くから存在している
モノです。

でも、人参の栄養をよく知らない人も
いらっしゃると思います。

SponsordLink



そこで今回は、人参が身体に良い効果
や効能


また一日の摂取量の目安や、摂りすぎ
るとどうなる
のかなど調べてみました。


人参の栄養価!身体に良い効果や効能は?


もちろん人参は、多くの人たちが食べている
野菜なので、効果抜群と思っている人たちが
多いのではないでしょうか。


人参の栄養価!身体に良い効果や効能は1


しかし、どれくらい栄養抜群かということが、
分からないままです。


人参は、健康に良い免疫力を高める食べ物
と言われています。


人参の栄養価!身体に良い効果や効能は1-2


人参には、若返り成分『β-カロテン』が豊富
アンチエイジング食材が豊富に含まれ、

「風邪の予防」

「血圧効果」

「視力回復」

「乾燥肌」

「貧血」

「冷え症」

「便秘」

「美肌」

「むくみ」


などに良い効果を期待することができます。



SponsordLink





みなさんが食べている人参にも種類があり、
西洋種と東洋種のうち普段出回っているの
西洋種です。


赤みの強い金時人参が東洋種で、特に関西
の人たちが多くそのような人参を食べています。


また人参には、以下のような栄養を期待する
ことができます。

β-カロテン:8600μg

ビタミンE:0.4mg

カルシウム:28mg

カリウム:300mg

食物繊維:2.8g


可食部100g辺り、この程度の栄養を皆さん
はしっかりキャッチしています。


中でもカロテンは、生で食べるよりもボイル
したり、油で調理したりする方がずっと吸収
率がよくなるメリット
があるので、充分使い
勝手のある野菜です。


野菜は生で食べる方が効率が良いと、生食
ばかりいる人たちは少し反省しなければなら
ない問題を抱えています。


人参の栄養価!身体に良い効果や効能は1-3


更にカロテンは、皮の部分に多く含まれて
います
ので、なるべく皮は捨てず利用する
ようにしてください。


人参特有の甘みは、蔗糖とブドウ糖であり、
ビタミン類は、

『ビタミンB1』

『ビタミンB2』

『ビタミンC』


を少量含み、ミネラル類の

『カリウム』

『鉄』

『リン』


にも大いに注目してください。


摂り過ぎるとどうなる?


人参をガツガツ毎日食べても、全然問題は
ないのでしょうか。


そもそも、何事も食べ過ぎは良くないでしょう。


良い効果が期待できても、そこそこという
認識は大事です。



SponsordLink





例えば、みかんを食べ過ぎたときには、
手が黄色くなってしまうことがありますよね。


人参の栄養価!身体に良い効果や効能は2


そのような症状が、人参の場合も出てきて
しまうことがあります。


βカロチンの影響で、『柑皮症』という問題
が起こる可能性があります。


一日の摂取量の目安は?


カロテンの摂り過ぎで、皮膚に色素が沈着
する症状が起こらないためにも、食べすぎ
には意識する必要があります。


基本人参は、中くらいのものを2本程度
食べれば、もう食べ過ぎにあたるでしょう。


人参の栄養価!身体に良い効果や効能は3


ただし、充分それ以下でも満足もできるの
ではないでしょうか。


意識的に無理をしなければ、なかなか
食べ過ぎにまで至ることはありません。










↓↓こちらの記事もどうぞ↓↓

  • Yahoo!ブックマークに登録する
  • はてなブックマークに登録する
  • livedoorクリップに登録する
  • newsingブックマークに登録する
  • del.icio.usブックマークに登録する
  • ニフティクリップに登録する
  • RSSを購読する

この記事へのコメント

トレンドワーク.com TOP » マナー・ハウツー » 人参の栄養価!身体に良い効果や効能は?一日の摂取量の目安は?摂り過ぎるとどうなる?