あさりの砂抜きは、50℃のお湯が最適なのはなぜ?塩水の作り方は?一番良い保存方法は? | トレンドワーク.com

あさりの砂抜きは、50℃のお湯が最適なのはなぜ?塩水の作り方は?一番良い保存方法は?


あさりの砂抜きは、50℃のお湯が最適なのはなぜ サム

結構面倒くさいと思いがちな、
「あさり」の砂抜き

それに、しっかり砂が抜けた
と思っても、食べた瞬間

「ジャリッ・・・」

ということもよくあります。

SponsordLink



そんな、「あさり」の砂抜きですが、
50℃のお湯で行う方法が良いと
言われているのは何故なのでしょうか。

また塩水の作り方や、一番良い
保存方法
など含め調べてみました。

あさりの砂抜きは、50℃のお湯が最適なのはなぜ?


皆さんは、おみそ汁にどのような具が
良いと思っていらっしゃるでしょうか。


豆腐ワカメが良いという人たちも多い
かもしれませんが、「あさり」が大好きと
いう人たちが多いのも事実です。


あさりの砂抜きは、50℃のお湯が最適なのはなぜ1


しかし、「あさり」は砂抜きが面倒くさい
から、主婦の人たちは敬遠してしまって
いたのかもしれないですよね。


でも皆さんが思っているより、「あさり」
の砂抜きは簡単にできます。


実際、しっかり砂抜きをしたつもりでいて
も、砂が残っていることもよくありますよね。


そのようなことにより、家族の人たちが
文句を言えば、やっぱり主婦の方々は
作り甲斐がないと思ってしまうでしょう。


あさりの砂抜きは、50℃のお湯が最適なのはなぜ1-2


商売をしている人たちも、お客様にその
ような料理を提供すれば、クレームに
なってしまうかもしれません。


そんな事態を避けるためにも、今巷で
「あさり」の砂抜き50℃あたりのお湯
で、あっさりと行う方法が話題になって
います。


そのような方法により、時間も5分程度
で砂が抜けてしまうそうです。


超速で砂抜きするために必要なのは、
50℃のお湯と平たいバットです。


通常は、水で砂抜きを行うという一般
的な方法を取っているでしょうが・・・


お湯にすることで、何時間もかかって
いた砂抜きが、たった5分で完了できる
ようになります。



SponsordLink





まず、50℃お湯を用意しましょう。


水道水で軽くもみ洗いした「あさり」を、
すべて浸かるくらいまで入れてください。


「あさり」もお湯に浸した瞬間、中から
出てきます。


あさりの砂抜きは、50℃のお湯が最適なのはなぜ1-3


「はまぐり」「しじみ」も、「あさり」と同じ
です。


皆さんも、日頃から苦労しているのなら、
かなり感激されるのではないでしょうか。


ただし、実際に食べてみると、いくらか
問題点も見えてきたりします。


大きな「はまぐり」は、問題なく砂抜き
できるのかもしれません。


ですが、「しじみ」や「あさり」に関して
いえば、もう少し放置時間を長くする
という意識
も大事かもしれません。


「50℃洗い」という方法は、実際昔から
存在しているものであり、貝のだしが外
に出てしまう
ので、注意しなければなら
ない問題点もあります。


塩水の作り方は?


専門家に聞いたところ、もう一つの方法
を教えてもらうことができました。


網付きバットに洗った貝を並べ貝の
頭が少し出るくらいまで塩水を入れます



あさりの砂抜きは、50℃のお湯が最適なのはなぜ2


塩水は舐めてみて、チョットしょっぱいと
感じるくらいで良いです。



SponsordLink





一番良い保存方法は?


まず、貝を平らに並べることが大事な
ポイント
です。


そのためには、平らな容器を用意する
ことが一番ベストな方法です。


貝が重なっていると、下にある貝が砂
を吸ってしまい、砂抜きしてもジャリッ
する原因につながるそうです。


あさりの砂抜きは、50℃のお湯が最適なのはなぜ3


そして、貝は薄暗い場所のほうが砂を
よく吐く
と言います。


冷蔵庫に入れるか、バットに新聞紙など
をかけておきましょう。


そのまま、6時間動かさずに浸けて
おけば完了です。










  • Yahoo!ブックマークに登録する
  • はてなブックマークに登録する
  • livedoorクリップに登録する
  • newsingブックマークに登録する
  • del.icio.usブックマークに登録する
  • ニフティクリップに登録する
  • RSSを購読する

この記事へのコメント

トレンドワーク.com TOP » マナー・ハウツー » あさりの砂抜きは、50℃のお湯が最適なのはなぜ?塩水の作り方は?一番良い保存方法は?