いまさら聞けない卵の栄養!身体に良い効果とは何?どんな人におすすめ? | トレンドワーク.com

いまさら聞けない卵の栄養!身体に良い効果とは何?どんな人におすすめ?


いまさら聞けない卵の栄養 サム

スーパーで、今一番安い食べ物と
言えば、かもしれないですよね。

お金がない、野菜は高くて買えない
時、卵を求めて行くこともあるので
はないでしょうか。

しかも卵って、昔から非常に栄養の
ある食べ物
とされています。

SponsordLink



しかし皆さんは、卵の栄養が豊富と
いうことについて、本当に分かって
いますか?

そこで今回、今さら聞けないと題し、
卵の栄養や身体に良い効果

また、どんな人におすすめなのか等、
まとめてみました。


いまさら聞けない卵の栄養!


早速ですが、卵が栄養についてこっそり
教えちゃいましょう。


たまご焼き厚焼き玉子オムライス
スクランブルエッグ親子丼など。。。


いまさら聞けない卵の栄養1


卵を使用した料理は数多くありますよね。


ホントお金がない時は、色々な卵レシピ
による手段を、奥さんたちは取っている
のではないでしょうか。


それに、卵が嫌いという人も、それほど
いないのではないでしょうか。


一日一食は、何かしらの卵料理を食べ
ているという人が多いと思います。


そんな卵には、「ビタミンB2」が多く含ま
れています。


ビタミンB2は補酵素の一種で、3大栄養
エネルギーに代わるのを促す働き
があります。


またビタミンB2は、「発育のビタミン」
呼ばれていて、細胞の新陳代謝を促す
効果
があります。


いまさら聞けない卵の栄養1-2


そして、

「脂質」

「鉄分」

「亜鉛」

「ビタミンA」


もやや多いことです。



SponsordLink





全体的に、バランスの良い栄養を含ん
でいる
ことが分かりますね。


本当に、色々まんべんなく含まれている
んです。


身体に良い効果とは何?


卵は、かなり栄養バランスの良い食材
ということがわかってきますね。


先程も述べました成分も含め、

「タンパク質」

「脂質」

「炭水化物」

「ナトリウム」

「カリウム」

「リン」

「鉄分」

「亜鉛」

「ビタミンA」

「ビタミンB群」

「葉酸」


がバランスよく配合されているのが
です。


いまさら聞けない卵の栄養2


「ビタミンC」と「食物繊維」以外、全然
含んでいるから、『準完全栄養食品』
とも言って良いでしょう。


中でも「タンパク質」はご存知の通り、

・筋肉

・臓器

・皮膚

・髪

・爪


などなど、身体を作るメインの成分
あり、卵に含まれているタンパク質は、
9種類の必須「アミノ酸」を全て含んで
います。



SponsordLink





どんな人におすすめ?


卵に含まれている成分の一つ「レシチン」
は、『アセチルコリン』という神経伝達物質
の元の成分
です。


それは、「水と脂質」両方になじむ性質
があり、血中コレステロール値を抑制
してくれたり、脳の働きを活発化させて
くれ、記憶力や集中力をアップさせて
くれるとも言われています。


更に『動脈硬化』『肝硬変』『認知症』
予防する効果も期待できるというので、
卵はどんな人たちにおすすめかといえば・・・


いまさら聞けない卵の栄養3-2


これ程までに効果的で栄養バランスの
良い食べ物は、万人に食べて頂きたい
と言いたいのです。


ただし、卵は脂質を多く含む食品です。


食べ過ぎには、注意が必要と言われ
ています。










↓↓こちらの記事もどうぞ↓↓

  • Yahoo!ブックマークに登録する
  • はてなブックマークに登録する
  • livedoorクリップに登録する
  • newsingブックマークに登録する
  • del.icio.usブックマークに登録する
  • ニフティクリップに登録する
  • RSSを購読する

この記事へのコメント

トレンドワーク.com TOP » マナー・ハウツー » いまさら聞けない卵の栄養!身体に良い効果とは何?どんな人におすすめ?