「銀杏」の食べ過ぎは危険!?身体にどんな影響が起きる?一日何個までが目安? | トレンドワーク.com

「銀杏」の食べ過ぎは危険!?身体にどんな影響が起きる?一日何個までが目安?


「銀杏」の食べ過ぎは危険 サム

「銀杏」って美味しいから、たまに
パクパク食べれちゃいますよね。

でも食べたいからと言って、いくら
食べても大丈夫
なのでしょうか。

SponsordLink



一方では、銀杏は食べ過ぎに注意
という噂も聞きます。

もし食べ過ぎると、身体にどんな
影響が出る
のでしょう。

それと、一日何個くらいが目安に
なる
のかなど、今回調べてみました。


「銀杏」の食べ過ぎは危険!?


「銀杏」を食べ過ぎると、余りよくないと
いうのは本当のようです。


それは、『銀杏中毒』にかかってしまう
リスクがあるからです。


銀杏に含まれる

「4-O-メチルピリドキシン」

が、「ビタミンB6」働きを妨害し引き
起こされるということです。


「銀杏」の食べ過ぎは危険1


銀杏によって、「ビタミンB6」が欠乏し
てしまうことで、

『皮膚炎』

『リンパ球減少』

『うつ状態』

『脳波異常』




SponsordLink





更に、『痙攣』『発作』という症状が
起こる可能性が非常に高くなるという
ことです。


身体にどんな影響が起きる?


それだけでなく、『銀杏中毒』は、

循環器系では、

『不整脈』

『顔面蒼白』



「銀杏」の食べ過ぎは危険2-1


呼吸器系では、

『呼吸困難』

『呼吸促迫』




神経系では

『痙攣』

『めまい』

『意識混濁』

『下肢の麻痺』



「銀杏」の食べ過ぎは危険2-2


そして消化器系では、

『嘔吐』

『便秘』

『発熱』


という問題が起こり、かなり警戒しなけ
ればならないと考えるべきではないで
しょうか。


「銀杏」の食べ過ぎは危険2-3


もしも、『銀杏中毒』になってしまった時、
子供の場合無理に吐かせるという事
はしない
ようにしてください。


そのような行為によって、痙攣を誘発
させてしまう危険性があります。


なので、お母さんは直ぐに病院へ連れ
て行くような姿勢を持つようにして下さい。


「銀杏」の食べ過ぎは危険2-4


病院ではビタミンB6の投与などが行わ
れ、入院させて経過観察という流れです。


ただし、病院へ連れて行けば万全という
事ではなく、医師も『銀杏中毒』を見抜く
のは、なかなか難しいとも言われています。


決め手は、やっぱり子供が銀杏を食べ
たあとに、そのような症状が起こったか
否かです。



SponsordLink





一日何個までが目安?


実際、中毒になってしまうリスクは大人
の人たちと子供は違い、大人が40個
度以上
子供7個程度以上と言われ
ています。


「銀杏」の食べ過ぎは危険3-1


そもそも銀杏て、とても美味しい食べ物
ですが、食べないなら食べない事に越し
たことはないでしょう。


だからといって、みなさんに銀杏を食べ
ては駄目と言っている訳ではありません。


銀杏の食べ過ぎが良くないと言っている
だけです。


銀杏は、

「カロテン」

「ビタミンB1」

「ビタミンC」


などを豊富に含んでおり、栄養満点の
食材
なのです。


「銀杏」の食べ過ぎは危険3-2


しかし、食べ過ぎたらダメとは言っても、
3個程度で『銀杏中毒』になってしまう
人たちもいると言いますので、銀杏は
100%安心という食べ物ではないという
ことです。


銀杏には、少なからずリスクが存在して
いることを考えると、はっきりと言えば、
子供には余り銀杏を食べさせない方が
良いのかもしれないですよね。


いかがでしょうか。


本来銀杏は、身体に良い食べ物という
ことも知っていただきたいのです。


大人の人たちなら、この微妙なライン
のこともしっかり理解して、銀杏との
良い付合い方ができるのではないで
しょうか。










↓↓こちらの記事もどうぞ↓↓

  • Yahoo!ブックマークに登録する
  • はてなブックマークに登録する
  • livedoorクリップに登録する
  • newsingブックマークに登録する
  • del.icio.usブックマークに登録する
  • ニフティクリップに登録する
  • RSSを購読する

この記事へのコメント

トレンドワーク.com TOP » マナー・ハウツー » 「銀杏」の食べ過ぎは危険!?身体にどんな影響が起きる?一日何個までが目安?