いまさら聞けない「オクラ」の栄養と効果とは?特に注目する点は?生と加熱で違いは出る? | トレンドワーク.com

いまさら聞けない「オクラ」の栄養と効果とは?特に注目する点は?生と加熱で違いは出る?


いまさら聞けない「オクラ」の栄養と効果とは サム

結構「オクラ」という食べ物を、不思議
に思っている人たちが多いのではない
でしょうか。

しかし、オクラが大好きという人たちも
多いですし、もはや私達の生活でオクラ
はなくてはならないものです。

SponsordLink



でも、ふと思いませんか?

「オクラって栄養があるのかしら」

と。。。

そこで今回、オクラの栄養や効果

特に注意する点生と過熱で違い
はあるのか
など調べてみました。


いまさら聞けない「オクラ」の栄養と効果とは?


気になるけど、なかなか聞けないというの
が、「オクラ」ではないでしょうか。


ですから、ここでお話ししましょう。


夏となれば、オクラの美味しい季節です。


オクラの旬は、7月~9月の夏の暑い時期
ということです。


でも最近では、市場にオクラが一年を通し、
出回っているような感じもあります。


いまさら聞けない「オクラ」の栄養と効果とは1


それは、タイなどからの輸入品でしょう。


でも、一年中食べられるということは、
素敵なことですね。


そのオクラには、

『ビオチン』

『食物繊維』


といった栄養も含まれています。



SponsordLink





『ビオチン』には、三大栄養素の代謝を
サポートする効果
があり、食物繊維は
腸を整える働き
があります。


特に注目する点は?


更に「オクラ」の栄養価についてお話しを
すれば、オクラには『βカロテン』レタス
のおよそ3倍以上
も含まれています。


また抗発ガン作用もあり、免疫賦活の
作用
でも知られています。


その他、体内でビタミンAに変換されたり、
髪の毛の健康を維持してくれて、視力の
維持、粘膜、皮膚の健康、喉や肺などの
呼吸器系統を守ってくれる働き
があると
いわれています。


いまさら聞けない「オクラ」の栄養と効果とは2-1


さらに更にオクラには、カリウムが含まれ
ナトリウムを排泄
し、高血圧に良い効果を
与えてくれます。


他にも、オクラに含まれているカルシウム
は、骨を生成する上で欠かせない成分です。


イライラしている時などは、このような成分
が欠けているのかもしれませんよ。


まだまだ続くオクラの効果には、『ムチン』
という成分が含まれているため、粘膜を
保護し強化してくれる働き
を期待すること
ができます。


胃粘膜を強化してくれて、胃潰瘍の予防
にもきっと役だってくれることでしょう。


いまさら聞けない「オクラ」の栄養と効果とは2-2


最後に『ペクチン』という成分は、腸内の
善玉菌の増殖を促すことで便の量を増
やし、腸の環境を整えてくれます



それに、『糖尿病』予防にも効果的と言わ
れています。


生と加熱で違いは出る?


みなさんは、オクラをどんな感じでいつも
食べているでしょうか。


できる限り、効果的な方法で調理して
食べたいものです。


夏の食欲のないとき、オクラの料理は
本当に食欲をもたらしてくれるのでは
ないでしょうか。



SponsordLink





そんなオクラを皆さんは、

「茹でて食べますか?」

「それとも生のまま食べますか?」



ここは、かなり大事なポイントかもしれ
ません。


オクラは実際に、茹でて食べるという人が
多いですが、生でも食べることができます。


いまさら聞けない「オクラ」の栄養と効果とは3-1


生と茹でのオクラではやや食感が違う
ので、是非一度、生でも食して頂きたい
のですが、栄養の視点ではどのような
違いがあるのでしょうか。


オクラの場合、『ムチン』『ペクチン』
熱に非常に弱いとされているので、茹で
て下処理を行うと、含有されていたムチン
などが減少してしまう可能性があります。


いまさら聞けない「オクラ」の栄養と効果とは3-2


ですから、栄養についてしっかり考えると、
オクラは生のまま、または短時間の加熱
処理を行う程度が良いでしょう。










↓↓こちらの記事もどうぞ↓↓

  • Yahoo!ブックマークに登録する
  • はてなブックマークに登録する
  • livedoorクリップに登録する
  • newsingブックマークに登録する
  • del.icio.usブックマークに登録する
  • ニフティクリップに登録する
  • RSSを購読する

この記事へのコメント

トレンドワーク.com TOP » マナー・ハウツー » いまさら聞けない「オクラ」の栄養と効果とは?特に注目する点は?生と加熱で違いは出る?