今さら聞けない『ジェネリック医薬品』とは?どうして安いの?副作用などの危険性は? | トレンドワーク.com

今さら聞けない『ジェネリック医薬品』とは?どうして安いの?副作用などの危険性は?


今さら聞けない『ジェネリック医薬品』とは サム

もう、かなり認知度も高くなってきた
『ジェネリック医薬品』

しかし、正直まだ何か判らないという
人たちもいるのではないでしょうか。

医師が薬を処方する時、

「ジェネリック医薬品でいいですか?」

と聞きますが・・・

いま更

「先生ジェネリック医薬品ってなんですか?」

という質問はできないと思っている
人たちが多いです。

SponsordLink



そこで今回、今更聞けないと題して、
ジェネリック医薬品とは何?

また、どうして価格が安いのか?

副作用など危険性はないのかなど、
調べてみました。


『ジェネリック医薬品』とは?


今更聞けないですが、そのまま知らない
でスルーという訳にもいかないですよね。


そもそもお薬というものは、開発した会社
が特許を取り、20~25年の間はその会社
独占的に製造・販売することができます。


しかし、この特許が切れた後には開発した
会社とは別の会社でも同じ有効成分を
使って製造・販売
することができます。


そのようなお薬が、『ジェネリック医薬品』
です。


今さら聞けない『ジェネリック医薬品』とは1


開発にかかる期間は、新薬が9~17年
程度かかるでしょう。


それと比較して、ジェネリック医薬品は、
新薬で既に有効性や安全性が確認
された有効成分を使い開発
されている
ものなので、開発期間が3~5年と短く
て済みます。


期間が短いということは、コストがそれ
だけ安く済ませる
ことができます。


ですからジェネリック医薬品は、新薬より
安く売らなければならない
ことが、予め
によって設定
されています。



SponsordLink





価格がどうして安いの?


新薬とジェネリック医薬品の大きな差は、
この研究開発費の問題なのですね。


ちょっと前は、

「本当にジェネリック医薬品で大丈夫?」

という意識がありましたが。。。


今では多くの人が、ジェネリック医薬品
でも問題ないという認識が、段々と作ら
れることになります。


それは、既にジェネリック医薬品を使用
して、問題が起こらない経験値を持って
いるからでしょう。


とにかく、薬って高いですからね。


今さら聞けない『ジェネリック医薬品』とは2


一度高い薬を購入して治療できれば良い
ですが、薬というものはどれもある程度
の期間続けて服用しなければなりません。


例えば、高血圧症において代表的な
お薬を1日1回1年間服用した場合。


新薬では10,800円なのに、ジェネリック
医薬品の場合は4,320円
ということで、
6,480円という大きな差が出てきてしまう
ことになります。



SponsordLink





副作用などの危険性は?


安いということで、ジェネリック医薬品に
注目している人たちは本当に日を増す
ごとに増えています。


ですが、実際にジェネリック医薬品は安心
して使用することができるものなのか。


副作用の心配はする必要がないので
しょうか。


今さら聞けない『ジェネリック医薬品』とは3-1


ジェネリック医薬品は、少なくとも新薬と
同等の安全性は認められている
という
ことです。


実際に、薬に副作用の心配があると
すれば、ジェネリック医薬品にもその
心配はありますが、それは新薬と同じ
ということ
です。


今さら聞けない『ジェネリック医薬品』とは3


そして、新薬もジェネリック医薬品にも、
「医薬品副作用被害救済制度」という
制度が採用されています。


なので、ほぼ新薬とジェネリック医薬品
は同じと考えて良いでしょう。


ただし実際は、薬で副作用がでる場合
はあります。










↓↓こちらの記事もどうぞ↓↓

  • Yahoo!ブックマークに登録する
  • はてなブックマークに登録する
  • livedoorクリップに登録する
  • newsingブックマークに登録する
  • del.icio.usブックマークに登録する
  • ニフティクリップに登録する
  • RSSを購読する

この記事へのコメント

トレンドワーク.com TOP » マナー・ハウツー » 今さら聞けない『ジェネリック医薬品』とは?どうして安いの?副作用などの危険性は?