いまさら聞けない「ブドウ糖」って何?どんな効果があるの?砂糖などと何が違う? | トレンドワーク.com

いまさら聞けない「ブドウ糖」って何?どんな効果があるの?砂糖などと何が違う?


いまさら聞けない「ブドウ糖」って何 サム

「ブドウ糖」って、ぶどうから作られた
糖と思っている人が、もしかしたらいる
かもしれないですよね。

なぜなら、「ブドウ糖」よりもぶどう
方が私達にとって知名度が高いから
です。

もちろん「ブドウ糖」は、フルーツの
ぶどうとは違います。

SponsordLink



では、実際に「ブドウ糖」って何なの?

身体に、どんな効果があるのか?

砂糖などと何が違うの?

いまさら聞けない、こんな疑問を調べ
てみました。


「ブドウ糖」がブドウ糖と呼ばれる理由!?


そもそも「ブドウ糖」という名前は、不思議
は不思議です。


英語で言うと「グレープシュガー」なので、
もしやと思えば、ぶどうとブドウ糖は実際
に関係ないとうことではありません。


ぶどうに、このような成分が多く含まれて
いる
から「ブドウ糖」なのです。


いまさら聞けない「ブドウ糖」って何1


確かに、リンゴやバナナなどと比較しても、
ぶどうに含まれている量は倍近く多いです。


しかし、「ブドウ糖」と言われる由来はそれ
だけでなく、「ブドウ糖」の化学的構造の
模式図
が、まるでぶどうの房のような感じ
だから、そのような名前になったとも言わ
れています。


で、実際に正解は・・・


ぶどうを使って「ブドウ糖」の研究を行って
いた科学者が、はじめて糖を取り出すこと
に成功して、「ブドウ糖」と命名したからです。


欠かせないエネルギー栄養素!


私達人間は、「ブドウ糖」のことを欠かせ
ないエネルギー栄養素
として、考えていく
必要があります。


「ブドウ糖」は脳をはじめとし、筋肉など
を正常に動かす為に使われています。


いまさら聞けない「ブドウ糖」って何2


つまり、「ブドウ糖」が不足してしまえば、
人間らしい活動ができないということに
なります。


とにかく、脳を正常に働かせるためには、
「ブドウ糖」が必要不可欠です!



SponsordLink





脳は、血液中の栄養素の中から脳関門
と言われる検問所で厳しくチェックされ、
「ブドウ糖」のみをエネルギー栄養素
して通すと言います。


『グリコーゲン』になる!


更に「ブドウ糖」は、身体の中で酸素と
反応して『グリコーゲン』という形になり、
筋肉や肝臓の中で蓄えられていきます。


いまさら聞けない「ブドウ糖」って何3


だから「ブドウ糖」が不足してしまうと、
当然『グリコーゲン』としても使用する
ことができなくなります。


「ブドウ糖」の一日の摂取量は?


「ブドウ糖」は、一日どの程度摂取しな
ければならないものなのでしょうか。


そもそもでは、身体全体のエネルギー
18%も消費
すると言われています。


「ブドウ糖」だけをエネルギー栄養素と
しているは、全体のブドウ糖消費量
の内46%
も使ってしまっています。


いまさら聞けない「ブドウ糖」って何4


人間は何もしないでも、脳だけで120g
の「ブドウ糖」を消費
していると言います。


例え寝ている時でも、常に1時間あたり
5gの「ブドウ糖」が消費
されて行ってしまう
のです。



SponsordLink





「ブドウ糖」が不足すると?


「ブドウ糖」が不足すると、『低血糖症』
なってしまう可能性があります。


不足すると脳が上手く働かず、思考能力
や集中力が低下
したり、やる気も出ずに
イライラ
したりすることがあります。


いまさら聞けない「ブドウ糖」って何5


一般的に砂糖と言われる物は、成分中
のほとんどが、「ショ糖」という二糖類
(分子量が2~10)
でできています。


「ブドウ糖」は単糖類(分子量が1)です。


「ショ糖」は体内で消化酵素によって、
「ブドウ糖」と果糖に分解されます。


ですから、「砂糖」と別モノということで
はなく砂糖を食べても、「ブドウ糖」の
補給にはできます











  • Yahoo!ブックマークに登録する
  • はてなブックマークに登録する
  • livedoorクリップに登録する
  • newsingブックマークに登録する
  • del.icio.usブックマークに登録する
  • ニフティクリップに登録する
  • RSSを購読する

この記事へのコメント

トレンドワーク.com TOP » マナー・ハウツー » いまさら聞けない「ブドウ糖」って何?どんな効果があるの?砂糖などと何が違う?