大阪にあるNIFREL(ニフレル)とは何?魅力や見どころ、営業時間、アクセス情報をまとめてみた! | トレンドワーク.com

大阪にあるNIFREL(ニフレル)とは何?魅力や見どころ、営業時間、アクセス情報をまとめてみた!


大阪にあるNIFREL(ニフレル)とは何 サム

いま大阪で、NIFREL(ニフレル)
対して注目が集まっています。

NIFREL(ニフレル)とは、生きもの
の美しさや不思議さを体感できる
施設
です。

SponsordLink



子供から大人まで楽しむことができる、
新感覚のミュージアムなのですが。。。

今回、そんなNIFRELの魅力や見どころ

またアクセス営業時間などまとめて
みました。


新感覚水族館の魅力!?


NIFREL(ニフレル)」は、世界最大級の
水族館「海遊館」プロデュースしオープン
しました。


まさに、水族館、動物園、美術館それぞれ
のジャンルを超えて楽しむことができます。


大阪にあるNIFREL(ニフレル)とは何1


ここには、

「いろ」

「わざ」

「すがた」

「WONDER MOMENTS」

「みずべ」

「うごき」

「つながり」


7つのテーマ&ゾーンがあります。


それぞれのスペース空間で生きものたちと、
今までにない造形物照明映像音楽
融合する空間展示で遭遇することができます。


それは、人たちの感性にふれる体験談
なのです。


水のゆらぎを感じる蓋のない13台の水槽
は、赤、青、黄色と言った色鮮やかな魚
たちが泳いでいます。


大阪にあるNIFREL(ニフレル)とは何1-2


水の中は、一見無機的と感じるかもしれ
ません。


しかし、ここでは美しい造形物と姿かたち
は、生きものと調和して不思議な個性が
誕生します。


チンアナゴミノカサゴボロカサゴなど
が展示されています。



SponsordLink





WONDER MOMENTS (ワンダーモーメンツ)


吹き抜けの大きな空間に浮かぶ直径5m
球体とフロアに描かれているのは、
松尾高弘氏が描く光のインスタレーション
です。


それはまるで、自然現象の美しい瞬間
だけ切り取ったという感じです。


大阪にあるNIFREL(ニフレル)とは何2


ここでは、これまで一度も見たことのない
数々の体験をすることになります。


それは、まるで光のシャワーのようです。


私達一人一人の中にある、心地よい記憶
やイマジネーションに話しかけてきます。


広く開放的な空間では、水辺の環境に
適応してきた、大きな生きものたちの
暮らしを体験することができます。



SponsordLink





イリエワニミニカバマルメタピオカガエル
アカハライモリなどがここにはいます。



「生きものたち」「生きものと私たち」
エリアでは、ワオキツネザルオニオオハシ
カピバラフラミンゴなどがいます。


大阪にあるNIFREL(ニフレル)とは何2-2


更に、【わざにふれる】【つながりにふれる】
のゾーンなど、館内はふれる体感で満ちて
います。


NIFREL(ニフレル)へのアクセス


最後に、アクセスと営業時間です。


営業時間:10:00~20:00(年中無休)


住所:大阪府吹田市千里万博公園2-1
   EXPOCITY内



【電車をご利用の場合】

下記各路線から万博記念公園駅まで行き、
そこから徒歩2分です。


阪急京都線:南茨城駅から約5分

阪急宝塚線:蛍池駅から約16分

阪急千里線:山田駅から約3分

地下鉄御堂筋線:千里中央駅から約6分



大阪にあるNIFREL(ニフレル)とは何3


【車をご利用の場合】

名神高速道路・近畿自動車道の吹田IC、
中国自動車道の中国吹田IC下車



万博公園エキスポシティ駐車場があり
ます。


駐車料金は、乗用車1台に付き30分200円
です。


NIFRELに入館したら、サービスで2時間
無料
です。


料金は16歳以上1,900円

小中学生1,000円

3歳以上600円
です。










  • Yahoo!ブックマークに登録する
  • はてなブックマークに登録する
  • livedoorクリップに登録する
  • newsingブックマークに登録する
  • del.icio.usブックマークに登録する
  • ニフティクリップに登録する
  • RSSを購読する

この記事へのコメント

トレンドワーク.com TOP » アミューズメント・公園他, スポット・子供・GW, デート・デートスポット » 大阪にあるNIFREL(ニフレル)とは何?魅力や見どころ、営業時間、アクセス情報をまとめてみた!