からすみって実は何の卵なの?値段はいくらくらい?珍味っていうけど本当に美味しいの? | トレンドワーク.com

からすみって実は何の卵なの?値段はいくらくらい?珍味っていうけど本当に美味しいの?


からすみって実は何の卵なの サム

最近は、デパートやスーパーマーケット
でも、「からすみ」を非常によく見かけ
ます。

しかし、「からすみ」って一体何なのか
判らない人たちもいらっしゃっるのでは
ないでしょうか。

SponsordLink



そこで今回は、今さら聞けないけれど
「からすみ」は何の卵なのか?

また購入価額や、珍味と言われるほど
本当においしいのかなど、調べてみました。


「からすみ」って何?


「からすみ」は、日本の三大珍味とも言います。


日本の三大珍味というからには、一度は食べて
みたいものですが・・・


その前に「からすみ」は、ボラの卵巣を塩漬けに
して塩抜きしたあと、約10日間ほど天日干しで
乾燥させたもの
を言います。


からすみって実は何の卵なの1


最近では、安価な「からすみ」も登場するように
なりましたが、基本的には高価なもので庶民の
口にはなかなか入らないものです。


かつては、豊臣秀吉に献上されていたという
話しも聞きます。


ちなみに、日本の三大珍味と言われるのは、

「ウニ」

「このわた」

「からすみ」


です。




SponsordLink






また、「からすみ」の主な産地は長崎など九州
が有名です。


ですが、「からすみ」の本場は台湾なんです。


1~3月、ボラが栄養豊富な時期に獲れたもの
が、一番味が美味しいと言われています。


「からすみ」の値段!?


日本の「からすみ」と、台湾の「からすみ」


どちらが多くの人たちに支持されているのでしょう。


まず、台湾の「からすみ」の方が値段が安い
いう特徴があります。


台湾におけるボラの収穫量、そして人件費の
安さが、「からすみ」の価格に影響を与えて
いるようです。


それに高価な方が、味は絶対に良いと思って
しまうものですが、本場だけあって台湾の
「からすみ」がマズイということではありません。


台湾産の「からすみ」は、しっとりと柔らかくて、
シンプルにスライスし、酒の肴としての食べ方

が良いです。


台湾において「からすみ」は、高級食材という
イメージではありません



台湾土産の「からすみ」を買うなら、「永久號」
がおすすめです。


からすみって実は何の卵なの2


お値段は、1枚(150g)が500元です。


日本で買うより安く良心的な値段なので、台湾
土産として買うのに最適です。


一方国産の「からすみ」は、20,000万円という
商品も当たり前に存在しています。


もはや芸術品という感じでしょうか。。。




SponsordLink






「からすみ」って美味しいの?


高価な「からすみ」は、なかなか購入することが
できないので、運が良ければ贈り物としてもらう
えるかも
……、程度の商品です。


ですから、まだまだ日本では、

「からすみって美味しいの?」

と聞く人たちが非常に多いです。


とにかく、「からすみ」だけに限らないですが、
相手に味を伝えることほど難しいものはあり
ません。


まず「からすみ」の特徴は、ねっとりとした舌触り
です。


そして、チーズとウニを混ぜたような味だと言う
方が多くいます。


他の食べ物よりも比較的、味のイメージを伝え
やすいという言い方もできるかもしれませんね。


「からすみ」には、なんともいえないクセのある
濃厚な味わい
があります。


やっぱり「からすみ」は、そのまま食べるという
のが一番正直に味がわかる方法です。


からすみって実は何の卵なの3


更にちょっと変えて、オーブントースターなどで
表面を炙ったり、サラダに入れたりして食べる
のも良いですね。


「からすみ」の風味を味わうのも、おすすめの
方法です。










  • Yahoo!ブックマークに登録する
  • はてなブックマークに登録する
  • livedoorクリップに登録する
  • newsingブックマークに登録する
  • del.icio.usブックマークに登録する
  • ニフティクリップに登録する
  • RSSを購読する

この記事へのコメント

トレンドワーク.com TOP » マナー・ハウツー » からすみって実は何の卵なの?値段はいくらくらい?珍味っていうけど本当に美味しいの?