インフルエンザにかかりやすい人の特徴!?逆にかからない人の特徴は? | トレンドワーク.com

インフルエンザにかかりやすい人の特徴!?逆にかからない人の特徴は?


インフルエンザ サムネイル

『インフルエンザ』にかからないため、まずは予防接種を
受ける事が一番推奨されています。

予防接種を受けても、絶対にかからないとは言えませんが、
万が一インフルエンザにかかってしまった時、症状が軽めで
済みます。

しかし、予防接種を受けても受けなくても『インフルエンザ』
かかりやすい人、かからない人がいますけど、それはどうして
なんでしょう?

SponsordLink




そもそも『インフルエンザ』は何故流行るの?



インフルエンザが流行るのは寒くなり始めた時期で、
早くて11月下旬から12月上旬。





ピーク時は、1月から2月若しくは3月までと言われて
います。; ̄ロ ̄)!!





インフルエンザのウイルスは、寒い空気が大好きで
長生きする特徴があります。





でも人間は、寒い季節になると乾燥した空気により、
鼻や喉の粘膜が弱るため免疫力まで低下してしまいます。





このように、寒い空気の好きなウイルスが乾燥した
空気を苦手とし、免疫力まで下がっている人間には
感染しやすくなるのです。(・・;)





ただ重度の病気は別にして、「水ぼうそう」「おたふく風邪」
「はしか」「風疹」
などは子供の頃にかかる事が多く、大人に
なってからかかったとしても、一度かかれば身体と免疫
細胞が覚えてくれ二度となる事はありません。






なのに、インフルエンザだけは毎年流行するのは
どうしてなのか?



インフルエンザ 流行  イラスト




それは、インフルエンザウイルスは日々進化又は変化して
おり、種類もA型・B型・C型に大きく分けられます。





中でもA型ウイルスは、特に変異するため毎年問題になり、
流行する原因もこのA型なんです!





インフルエンザウイルスは、ただでさえ厄介なのに、
繁殖と伝播の力が優れ日々変異されれば、免疫細胞も
なかなか対応できないですよね。


インフルエンザ  免疫  イラスト


ですから、毎年流行してしまうと言う事です。





いずれにしても、予防接種は必ず受ける方が安心ですね。(*゚▽゚)ノ





ちなみにB型は、A型に比べ変異しにくく感染力も弱く、
ワクチンで抵抗でき、C型に至ってはそれ以上に軽症で
済むようです。


かかりやすい人の特徴!



インフルエンザにかかりやすい人と、そうでない人がいるって
不思議ですよね。





なぜ、そんなに差が出るのか?ヽ(~~~ )ノ ハテ?





まず、かかりやすい人の特徴として一番多いのが、乳幼児
高齢者
のような免疫力の弱い人。


乳児 高齢者  イラスト




次に、何らかの重度疾病を患っている人も免疫力が低下して
いるので、感染しやすいとされています。





また、日常ストレスが多い人「メタボリックシンドローム」
診断されているような肥満体の人もそうです。( ̄□ ̄;)ギョッ


メタボ  イラスト




他にも、人混みの中に出かける事が多い人に喫煙者などなど。。。






まだまだ沢山の要因がありますが、結局は免疫力が全てカギを
握っているのです。


免疫力  イラスト




乳幼児、高齢者、重度の疾病を抱えている人が免疫力を上げる
のはチョット難しいかも知れませんが、そうでない人は自分自身で
防ぐため免疫力を上げる事もできます。





免疫力が上がれば、インフルエンザ以外の風邪ひきなどでも、
そうそう簡単に感染しなくなると思いますよ。


簡単にかからない人はどんな人?免疫力を上げるのは・・・?



かかりやすい人と逆に、インフルエンザが流行っても
簡単にかからない人の特徴は、免疫力の高い人と言う
事になります。





生活環境の違いなどもあると思いますが、とにかく
免疫力が高ければウイルスに対して抗体できる力も
強い訳なので、何においてもそれが一番先決ですね。





SponsordLink







「でも、免疫力を上げるなんてどうすれば良いの?」





と言う声が聞こえてきそうですが、それほど特別
難しくないですよ。(笑)





何事にも良く言われる、規則正しい日常生活を送れば
自ずと免疫力もアップしてきます。





その方法は・・・?




一つ目、『十分な睡眠をとる。』


十分な睡眠  イラスト




これは人間にとって一番大事ですね!





忙しい時や楽しい時間を過ごしていると、ついつい夜更かし
してしまうなんて人も多い世の中、寝不足は最大の敵です。(゚-゚*)(。。*)ウンウン





私たち人間の体は、夜眠っている間に免疫力を上げるため
リンパ球を増やしています。






なので、十分な睡眠を摂らず寝不足になれば体の疲れは
もちろん、精神的な部分も休めず毎朝起きた時にスッキリ
しなかったりイライラしてしまったり等、何かにつけ悪影響
を及ぼしてしまうのです。


朝スッキリしない  イラスト




夜眠っている間に免疫力が上がっているなんて超ラッキー
ですよねぇ。♪♪v(⌒o⌒)v♪♪





中には、睡眠時間は十分摂っているんだけど眠りが浅い
言う人もいます。





私もそうですが、睡眠時間が十分でも眠りが浅いと寝不足と
同じ感じなんです。。。





そう言う方は、一度病院で相談された方が良いですよ。





私もそれで改善できましたから!(笑)




SponsordLink






二つ目、『部屋の温度と湿度の管理。』





暑い夏は涼しく、寒い冬は暖かくと家ではエアコン等で
1年中快適な生活を送れる時代です。





寒い季節は体が冷えるので、体は体温を下げないため
働き始め、それにより体力を消耗すると共に免疫力まで
低下してしまいます。


寒い 体力消耗 イラスト




そんな時、暖房で部屋を暖かくすれば体力の消耗も避け
免疫力の低下も防げ、風邪をひいて熱が出ている時などは、
それ以上悪化しないよう部屋を暖めましょうなんて言います
よね。






しかし、室内温度を30度のような高い設定にすると返って
身体の免疫力が低下してしまいます。





寒さから身を守るとは言っても、少しは寒さに負けない
免疫力を体内で育てなければ自律神経まで弱まります。





それに空気の乾燥も酷くなるので、部屋の温度は
20度から25度くらいにして、湿度を上げる方が身体
には優しいのです。


暖房 イラスト2




喉のイガイガも、湿度が高ければ潤いますよね。





夏に湿度が高いとジメジメとして余計に暑いですが、
冬の寒い季節は湿度を60%から80%くらいで保と良い
でしょう!





調べたところ、湿度が50%だとウイルスの生存率は
約3%とも言われていますので、加湿器を使用し上手く
部屋の温度と湿度を管理する事で、薬を飲まなくても
身体・免疫力の予防と回復に効果的ですよ。



↓↓こちらの記事もどうぞ↓↓

  • Yahoo!ブックマークに登録する
  • はてなブックマークに登録する
  • livedoorクリップに登録する
  • newsingブックマークに登録する
  • del.icio.usブックマークに登録する
  • ニフティクリップに登録する
  • RSSを購読する

この記事へのコメント

トレンドワーク.com TOP » 健康・病気 » インフルエンザにかかりやすい人の特徴!?逆にかからない人の特徴は?